新しいシボレー・カマロが2017年11月に日本上陸。4気筒ターボは516万2400円〜

新しいシボレー・カマロが2017年11月に日本上陸。4気筒ターボは516万2400円〜

新しいシボレー・カマロが2017年11月に日本上陸。4気筒ターボは516万2400円〜の画像

ゼネラルモーターズ・ジャパンが、アメリカを代表する人気スポーツクーペである「シボレー カマロ」の最新モデルを発表しました。

日本導入モデルは燃費とパフォーマンスを両立する新開発4気筒2.0リッターターボエンジン搭載のクーペ「シボレー カマロLT RS」と「シボレー カマロ コンバーチブル」。そして、アメリカンスポーツらしい6.2リッターV8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「シボレー カマロSS」の3グレードとなっています。

4気筒ターボの最高出力は202kW(279PS)、最大トルクは400Nm。V8エンジンの最高出力は339kW(461PS)、最大トルクは617Nmとカマロと、名前にふさわしいパフォーマンスを期待させるパワートレインとなっています。

高価なスーパースポーツではなく、アフォーダブルなスポーツクーペというキャラクターを持つカマロですが、新型モデルではアルミ&コンポジット素材を使うことで、従来型より90kg以上の軽量化を実現しているというのもポイント。とくにサスペンションの設計を見直すことでバネ下重量を大きく軽減しているといいます。

さらに、サスペンションにはマグネティックライドコントロール(磁性流体減衰力制御システム)を採用。ドライビングモードを切り替えることで、快適性とスポーツ性を両立しているのも見逃せません。

メーカー希望小売価格(消費税込)は、「シボレー カマロLT RS」が5,162,400円、「シボレー カマロ コンバーチブル」が6,026,400円、「シボレー カマロSS」が6,458,400円。日本での発売開始は、2017年11月11日とアナウンスされています。

●シボレー カマロLT RS 主要スペック
全長:4780mm
全幅:1900mm
全高:1340mm
ホイールベース:2810mm
車両重量:1570kg
乗車定員:4名
エンジン型式:LTG
エンジン形式:直列4気筒直噴ターボ
総排気量:1998cc
最高出力:202kW(279PS)/5500rpm
最大トルク:400Nm(40.8kg-m)/3000−4500rpm
変速装置:8速AT
タイヤサイズ:245/40R20 95V
メーカー希望小売価格(税込):5,162,400円

(山本晋也)

新しいシボレー・カマロが2017年11月に日本上陸。4気筒ターボは516万2400円〜(http://clicccar.com/2017/07/09/489483/)

【関連記事】GMが小型EVによる「自動運転タクシー」サービスを実現?【カージャケNo.001】ホットロッド全盛期、メンバーの愛車が登場[Shut Down Volume 2/THE BEACH BOYS ]19647人乗りのミドルサイズSUV・シボレー キャプティバに、完璧なブラックアウトに仕上げられた限定車が登場