航続距離500km!ジャガー初の完全EV「I-PACE」市販型、初スクープ

ジャガー初の完全EV(電気自動車)「I-PACE」市販型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

これまでは兄貴分「F-PACE」のボディを使ったミュールでしたが、本物ボディは初めてです。

2016年に公開されたコンセプトモデルと比較すると、大口エアダクト、薄く横長のヘッドライト、サイドに回り込むテールライト、角度を持ったクーペスタイルのリアウィンドウなどが酷似しており、デザインの多くが市販型に反映されそうです。

パワーユニットは90kWhの大バッテリーを搭載、フル充電で500kmの後続距離を可能にし、90分で80%の充電を完了します。最高出力は400ps、最大トルク700Nmを発揮し、0-100km/h加速は4秒のパフォーマンスを誇ります。

キャビンには5人のシートを確保、ダッシュボードには最新のマルチスクリーンシステムやコネクト機能が装備されます。

価格は7万USドル(約840万円)程度と予想されており、2018年からオーストリアのマグナ・シュタイア工場で生産されるとレポートされています。

(APOLLO)

航続距離500km!ジャガー初の完全EV「I-PACE」市販型、初スクープ(http://clicccar.com/2017/07/11/489869/)

【関連記事】600psを誇るジャガー史上最速の「XE SV Project 8」がデビュー!アウディ初のピュアEVクロスオーバー「Q6」、2018年発売へ!コンパクトSUVのジャガー「E-PACE」の走行テスト動画が公開