新型エクストレイルに搭載されるプロパイロットの仕上がりをチェック

新型エクストレイルに搭載されるプロパイロットの仕上がりをチェック

新型エクストレイルに搭載されるプロパイロットの仕上がりをチェックの画像

日産セレナでお馴染みの「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた新型エクストレイルにも搭載されました。

「車種が違うだけで同じじゃないの?」と思われる方も多いかもしれませんが、セレナとエクストレイルではボディサイズや重量、重心高などが違うだけでなく、走りの特性も異なるため、車種に合わせて調整されているそうです。

実際に、セレナの「プロパイロット」と比べると、車線中央維持、そして先行車への追従性ともに精度が向上しているように感じました。

ステアリングのサポートに関しては、小刻みに介入してくるのはセレナと同じであるものの、その介入ぶりセレナよりも違和感が少なく、中央を維持しやすい印象です。この点は、プロパイロットの制御や進化もあるかもしれませんが、重量や車高や重心高の違いなども影響していそうです。

さらに、ACCによる先行車への追従もセレナよりも感度が増している印象。セレナは先行車をロストすることが多かったような気がしますが、エクストレイルは比較的「間をおかずに」に付いていきます。

この点も、エクストレイルの2WDが1450kg〜1580kg(2WD)、セレナの2WDが1630kg〜1700kgと、100kg以上エクストレイルが軽く仕上がっている差も大きいはず。

また、「プロパイロット」はフロントスクリーンの単眼カメラで先行車と白線を認識しています。今回は高速道路のため車線をはみ出すシーンも少なく、走行したルートでは両側の白線に加えて、古い合流線が路面に残っている(結果的に3本線になっている)短い区間で「プロパイロット」が解除されることもありましたが、それ以外ではセレナよりもより「使える」ようになっているのは明らか。

ほかにも、プロパイロットの採用でオートフォールド機能も用意され、プロパイロット作動時は高速道路などでの渋滞時でもブレーキを踏まなくても停車するなど、ドライバーの負担軽減はかなり大きいものがあります。

エクストレイルのプロパイロットはメーカーオプションで単独での選択はできず、セットオプションですが、セレナよりも約10万円安くなっていますから、ぜひチョイスしたいところです。

(文/写真 塚田勝弘)

新型エクストレイルに搭載されるプロパイロットの仕上がりをチェック(http://clicccar.com/2017/07/12/490035/)

【関連記事】快足ワゴンとしての魅力を増した、新型ゴルフ・ヴァリアントR日産リーフの「プロパイロット パーキング」はどんな機能になる!?プロパイロットだけじゃない!全自動駐車機能を備えた新型「日産リーフ」、9月6日公開