ルノー・ルーテシアのスペシャルバージョンがラインアップ強化【ルノー・ルーテシア・ルノースポール・シャシーカップ】

ルーテシアはルノーのなかで土台を固めるBセグメントの量販モデル。日産で言えばマーチやノートといったあたりのクラスとなります。しかし、ヨーロッパモデルなので、全幅は1750mmとたっぷりとしたサイズとなっています。

ルノーには「ルノー・スポール」というモータースポーツを担当する子会社があります。日産で言えばニスモのような存在です。「ルノー・スポール」からは各所にチューニングを施したその名も「ルノー・スポール」というモデルが発売されています。

ルーテシアにも設定されている「ルノー・スポール」モデル、「ルーテシア・ルノー・スポール」がマイナーチェンジを受けました。

「ルーテシア・ルノー・スポール」には、チューニングが深い順に、トロフィー、シャシーカップ、シャシースポールの3種がラインアップされています。

もっともチューニング具合が浅いシャシースポールは、ダンパーはノーマルのまま、スプリングをグレードアップ、フロントブレーキローター径をφ320、リヤローター径をφ260に拡大、フロントのアンチロールバー(スタビライザー)を3.7mm厚のφ22.5中空タイプとしています。ステアリングレートは14.5対1となります。搭載されるエンジンは1.6リットル4気筒エンジンで、200馬力、240Nmのスペックを持ちます。

中間となるシャシーカップは、アンチロールバー、ブレーキローター径、ステアリングレート、搭載エンジンはそのままにダンパーの減衰力をフロントで27%アップ、リヤで20%アップし、それに合わせてスプリングレートもアップされています。車高は3mm下げられています。

もっともチューニングされたトロフィーはブレーキローター径とアンチロールバー径以外はすべて変更。ステアリングレートはシャシースポーツやカップよりも10%クイックな13.2対1。前後ダンパー、スプリングも強化され車高は10mm下げられています。

搭載されるエンジンもチューニングが異なり、スペックは220馬力、260Nmとなります。このトロフィーは0→100km/h加速が6.6秒、0→400m加速が14.6秒、最高速235km/hと俊足を誇ります。

さらに全車のフロントダンパーにはHCC(ハイドロリック コンプレッション コントロール) と呼ばれる、セカンダリーダンパーを内蔵するタイプを採用し、乗り心地とハンドリングを両立しています。

デフもR.S.デフと呼ばれる電子制御ディファレンシャルを装着。これはアンダーステアが発生した際に、フロントイン側タイヤにブレーキを軽くかけることで、曲がりやすくする装備です。この際、エンジン出力は絞られることはありません。

さらにR.S.ドライブという走行モード切替スイッチも装備されます。ノーマル、スポーツ、レースの3つのモードに変更が可能で、スポーツモードにするとアイドリングが750回転から1000回転にアップ、シフトスピードが速められ、アクセルレスポンスが向上。レッドゾーン手前でアラーム音と警告灯が点灯し、ステアリングの手応えは重めとなります。

レースモードはマニュアルモードのみで使えるモードで、シフトスピードをさらにアップ。ESCが完全にカットされ、すべての操作がドライバーに任せられます。

スポーツモード、レースモードを選んでいる際は、ローンチコントロールを使うことができます。ローンチコントロールではもっとも効率のいいスタートダッシュを行うことが可能です。

ルーテシアR.S.は戦略的な価格設定がされていることも大きな特徴です。もっともベーシックなシャシースポールは300万円を切る284万円、シャシーカップは309万円、トロフィーは329万円のプライスとなります。

(諸星陽一)

ルノー・ルーテシアのスペシャルバージョンがラインアップ強化【ルノー・ルーテシア・ルノースポール・シャシーカップ】(http://clicccar.com/2017/07/13/490372/)

【関連記事】新型インプレッサの走りはフォルクスワーゲン・ゴルフに追いついたか?新型エクストレイル・ハイブリッドが採用した実用燃費向上策とは?スケートリンクでの先代モデルとのチョイ乗り比較でも感じられた進化度【グッドイヤー アイスナビ7】