ダイハツが東京ディズニーリゾート初の「パーキング」オフィシャルスポンサーとなり、コーンでミッキー&ミニーを描く

スモールカーで有名なダイハツ工業は、7月1日より東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとなり、そのセレモニーが行われました。

東京ディズニーリゾートでは各アトラクションを企業がオフィシャルスポンサーとなって運営されていますが、今回ダイハツは、その中のひとつである東京ディズニーシーの「マーメイドラグーン」に加え、「東京ディズニーランド・パーキング」「東京ディズニーシー・パーキング」のオフィシャルスポンサーとなったのです。

ちなみに、駐車場のオフィシャルスポンサーは今回のダイハツが初めてとのことです。駐車券にはダイハツのロゴが入ります。

これを記念し、東京ディズニーランドの駐車場で、広い駐車場の誘導には欠かせないコーンを使ったアートがお披露目されました。コーンアートとは聞き慣れませんが、コーンを使ってあるキャラクターを表現するのだそうです。

東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本望さんがMCを努めます。

可愛らしいかただな、フリーアナウンサーか司会業の人かな?と思って後で調べたら違ってました。東京ディズニーリゾート・アンバサダーとは、東京ディズニーリゾートのキャストの中から選ばれているのだそうです。50年以上前のカリフォルニアのディズニーランドから始まり、東京ディズニーランドでもオープン当時からだそうで、ディズニーリゾートの親善大使として活躍し、ブログも更新していらっしゃいます。

株式会社オリエンタルランド代表取締役社長兼COO上西京一郎氏の挨拶で始まります。

次にダイハツ工業株式会社代表取締役会長の三井正則氏が挨拶。

お二人による、コーンアートの最後の2本を置くことでアートは完成です。

水平位置からではコーンで何が描かれたのか、ちょっとわかりません。

そこで、ディズニーリゾートラインの最寄り駅である「ベイサイド・ステーション」のホームへ上がって見てみます。

やっぱり!ミッキー&ミニーでした。

パークでどこに駐車したかをスマホで確認できるパーキング・メモのサービスも始まっています。ディズニーリゾートはお酒を楽しむ場所もほとんどありませんので、ぜひ家族と、恋人と、大切な人と、もちろんお一人様でも、夢と魔法の世界へとクルマで行ってみませんか?

こちらのコーンアート、7月31日まではこのままの状態で、ゲスト(一般のお客さん)も見ることができるそうです。ベイサイド・ステーション駅からどうぞ。

(clicccar編集長 小林 和久)

ダイハツが東京ディズニーリゾート初の「パーキング」オフィシャルスポンサーとなり、コーンでミッキー&ミニーを描く(http://clicccar.com/2017/07/10/490470/)

【関連記事】「スマアシV」搭載で安全装備が充実したミラ・イース。「DNGA」第一弾としての課題とは?「DNGA」第1弾の新型ダイハツ・ミラ・イースの軽量化のポイントと効果は?走り出しの良さを重視。速くはないが「普通に使えるエコカー」【新型ミラ・イース公道試乗】