これが新クーペスタイリングだ!ポルシェ・カイエン次期型プロトをキャッチ

ポルシェのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「カイエン」次期型プロトタイプが、ドイツ市街地に現れました。

これまでより軽いカモフラージュにより、ディテールがかなり判明してきました。

次期型には、アウディ「Q7」、VW「トゥアレグ」、ベントレー「ベンテイガ」などと共有する「MLB」プラットフォームを採用。アルミやカーボンファイバーにより、軽量化と剛性アップを実現しています。

今回のプロトタイプからは大型化されているフロントグリルやルーフスポイラーの他、Dピラーに強い傾斜を持たせたクーペルーフが採用されていること、AピラーやCピラーにも角度をつけスポーティーさを強調したデザインが判明しました。

また、新たにサイドミラーやホイールにも新デザインが採用されているほか、左右テールライトを繋ぐLEDストリップライトもカモフラージュされているようです。

パワートレインは、最高出力434psを発揮する2.9リットルV型6気筒ツインターボ、3.6リットルV型8気筒、3リットルのプラグインハイブリッドが予想され、カイエンターボには、542psを発揮する4リットルV型8気筒が搭載されます。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

これが新クーペスタイリングだ!ポルシェ・カイエン次期型プロトをキャッチ(http://clicccar.com/2017/07/12/490598/)

【関連記事】ジープ・ラングラー次期型、プラグインハイブリッド投入で2018年発売へ!東京モーターショーでお披露目か?トヨタ・クラウン次期型、流行のクーペスタイルで顧客層を拡大へ航続距離500km!ジャガー初の完全EV「I-PACE」市販型、初スクープ