ホンダ自慢の「スポーツハイブリッド i-MMD」を擁する新型CR-Vが中国で発表

ホンダ自慢の「スポーツハイブリッド i-MMD」を擁する新型CR-Vが中国で発表

ホンダ自慢の「スポーツハイブリッド i-MMD」を擁する新型CR-Vが中国で発表の画像

ホンダCR-Vは、2016年に日本向け仕様の生産を終了し、ラインナップからも落ちています。そんな中、ホンダの中国での合弁企業である東風ホンダが、新型CR-Vを7月9日に発表しています。新型CR-Vは、2017年の上海モーターショーでワールドプレミアされています。

次期CR-Vは、1.5L直噴ターボの搭載やハイブリッド、3列シート仕様までいろいろな噂があり、2018年にも日本導入(復活)があるのでは? という憶測もあり、次期型がどうなるか気になるところ。

そのヒントになると思われる東風ホンダの新型CR-Vの概要をお届けます。

新型CR-Vは、1.5L直噴ターボエンジンを搭載する「SPORT TURBO」と、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD(Intelligent Multi‐Mode Drive/インテリジェント・マルチモード・ドライブ)」を搭載する「SPORT HYBRID」の2タイプがラインアップされています。

1.5Lの直噴ターボエンジンを積む「SPORT TURBO」は、6.2L/100km(中国総合燃費モード)、「SPORT HYBRID」は同じく中国総合燃費モードで4.8L/100kmという低燃費が特徴。さらに、先進安全運転支援システムの「ホンダ・センシング」をはじめ、充実した装備を採用し、都市型SUVの新しいベンチマークとなるべく商品力強化が図られたそう。

中国で好調なセールスを維持するホンダを牽引するのがCR-Vで、2004年に都市型SUVの先駆けとして中国市場で発売されてから累計で約150万台が販売されているとのこと。なお、現時点では日本での発売などの詳細はアナウンスされていません。

(塚田勝弘)

ホンダ自慢の「スポーツハイブリッド i-MMD」を擁する新型CR-Vが中国で発表(http://clicccar.com/2017/07/11/490725/)

【関連記事】ホンダ「N-BOX」が8月31日にフルモデルチェンジ!ホンダ・ヴェゼルにスポーティな外観と専用設定の新色が際立つ特別仕様車を設定ホンダのコンパクトセダン「グレイス」がマイナーチェンジで先進安全装備を充実