京都のベンチャー企業・GLMが香港投資会社の傘下入り!EVスポーツカーの量産化を目指す

京都のベンチャー企業・GLMが香港投資会社の傘下入り!EVスポーツカーの量産化を目指す

京都のベンチャー企業・GLMが香港投資会社の傘下入り!EVスポーツカーの量産化を目指すの画像

量産車で世界初の樹脂製フロントウインドウの搭載を目指すなど、トミーカイラZZを中心に話題を提供しているGLM。4000万円の「GLM G4」を2019年から量産すると発表した京都のベンチャー企業でもあります。

2017年7月10日、GLMは香港証券取引所のメーンボード(東証1部に相当)に上場する「O Luxe Holdings Limited(奥立仕控股、オーラックスHD)」と資本提携したと発表しました。

今回の資本提携により、GLMの事業拡大を目的として海外投資会社などから資金調達をすることに両社で合意しているそうです。なお、香港証券取引所の審査等を経て、2017年8月末までに本件を実行する方針とのこと。

GLMは、2019年から量産予定のEVスーパーカー「GLM G4」の海外進出を計画していて、オーラックスHDおよび海外投資会社は、今後のグローバル展開における重要な戦略パートナーになるそう。

GLMの小間裕康社長は「大手自動車メーカーのみならず、中国を中心とする新興の自動車メーカーもEVに傾注しており、開発競争はますます激しくなっています。GLMは、今回のファイナンススキームで、大手自動車メーカーに遜色のない開発資金を得ることが可能になります。当社は引き続き、開発拠点を京都に置き、日本国内の技術企業とともに自動車開発を進めていきます」とコメントしています。

4000万円というスーパースポーツEV「GLM G4」の実現に関しては、市場のニーズはもちろん、資金の調達はどうなるか気になっていました。今回の資本提携により実現に向かうか注目です。

(塚田勝弘)

京都のベンチャー企業・GLMが香港投資会社の傘下入り!EVスポーツカーの量産化を目指す(http://clicccar.com/2017/07/12/490926/)

【関連記事】ボルボが2019年以降「電動化車両」にスイッチする理由とは?プロパイロットだけじゃない!全自動駐車機能を備えた新型「日産リーフ」、9月6日公開新デザイン見えた!日産リーフ次期型、航続距離は400kmへ向上