さらなる「デザイン革命」を起こす新世代レンジローバー・ヴェラールが日本デビュー

さらなる「デザイン革命」を起こす新世代レンジローバー・ヴェラールが日本デビュー

さらなる「デザイン革命」を起こす新世代レンジローバー・ヴェラールが日本デビューの画像

レンジローバー・スポーツとイヴォークの中間に位置するレンジローバー・ヴェラール(RANGE ROVER VELAR)が7月11日、日本デビューを果たしました。プラットフォームは、ランドローバーモデルの中で、現時点で唯一となるジャガーXE、XF、F-PACE系を使い、F-PACEと同様にエンジン縦置きのAWDになります。

レンジローバーは末弟のイヴォークでデザインの大転換を果たし、以降、レンジローバーやレンジローバー・スポーツのほか、ディスカバリー・スポーツや新型ディスカバリー(5代目)まで従来の「四角いフォルム」から決別しているように感じます。

ヴェラールは、内・外装のデザインを「イヴォーク以降」からさらに先に進め、ランドローバー(レンジローバー)全モデルにおいて最も先進的かつスタイリッシュなフォルムに細部の仕立てになっています。

外観では、ランドローバー初となるドアパネル格納式の「デプロイアブル・ドアハンドル」。

内装では、2つの高解像度10・2インチのタッチスクリーンからなる最新のインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」などが好例といえそう。

エンジンの注目は、日本初導入となる2.0L 直列4気筒「INGENIUM(インジニウム)」ガソリンエンジンでしょう。最高出力250ps/最大トルク365Nm、最高出力300ps/最大トルク400Nmの2種類が用意されています。

ディーゼルも含めて「INGENIUM」エンジンは、今後ジャガー・ランドローバーの主力エンジンになることは間違いなく、現在の直列4気筒だけでなく直列6気筒などの噂もあるだけに、仕上がりも気になります。

ほかにも、豪快な走りが身上の3.0L V型6気筒スーパーチャージャーガソリン(最高出力380ps/最大トルク450Nm)、2.0L「INGENIUM」ディーゼルエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)が控えています。

なお、グレードは、2018年モデルのみとなる、ローンチエディションで最上位「FIRST EDITION」を含め全33グレードも用意されています。

価格帯は、INGENIUMディーゼルエンジン搭載モデルが6,990,000円〜10,530,000円。INGENIUMガソリンエンジン搭載車が7,150,000円〜11,320,000円。3.0LのV6ガソリンスーパーチャージャーが9,080,000円〜15,260,000円です。

(文/写真 塚田勝弘)

さらなる「デザイン革命」を起こす新世代レンジローバー・ヴェラールが日本デビュー(http://clicccar.com/2017/07/11/491024/)

【関連記事】読売巨人軍とのコラボ企画第1弾「RANGE ROVER EVOQUE ARANCIO NERO」が24台限定で登場この秋登場!レンジローバー改良新型に350馬力のPHEV投入へレンジローバー・イヴォークにスタイリッシュな限定車が2モデル登場