米国の「おもてなし」キャデラックのミッドサイズSUV「XT5クロスオーバー」は10月28日に発売開始

米国の「おもてなし」キャデラックのミッドサイズSUV「XT5クロスオーバー」は10月28日に発売開始

米国の「おもてなし」キャデラックのミッドサイズSUV「XT5クロスオーバー」は10月28日に発売開始の画像

2015年秋に世界初公開されたキャデラックのミッドサイズSUV「XT5クロスオーバー」が、ついに日本上陸です。2017年7月13日、東京・六本木にてキャデラックXT5クロスオーバーの発表会が開催されました。

ゼネラルモーターズ・ジャパンの若松 格 社長やグローバルキャデラックCMOのウヴァ・エリングハウス氏がプレゼンテーションを行なった発表会では、「XT5」という名前が新世代キャデラックのSUVを示していること、また先行して発売されている地域ではキャデラックブランド全体の販売台数において4割を占めるほどの人気モデルになっていることが紹介されたのです。

「日本においては台数を追うことなく、キャデラックだけの質の高いクルマを市場に提供することで、特別な体験を味わっていただきたい」と若松社長が言うように、まさにキャデラックならではのスタイリングと、いかにもアメリカンSUVらしい3.6リッターV6”自然吸気”エンジンの組み合わせはキャデラックというブランドに期待するマインドを満たしてくれるというわけです。

そのV6エンジンは気筒休止システムを備え、また変速比幅7.8の8速ATと組み合わせることで優れた燃費性能も予感させるもの。ボディについてもゼネラルモーターズの最新テクノロジー(高張力鋼板、レーザー溶接、構造用接着剤)により従来モデルであるキャデラックSRXに対して90kgもの軽量化を実現しています。結果として10%の燃費性能向上を果たしているということです。

キャデラックらしい「おもてなし感」はインテリアに強く感じられます。レザー、ウッド、カーボンなど本物の素材を用いた空間は、まさにクロスオーバーと呼ぶにふさわしい贅沢な雰囲気を漂わせます。

もはや、このクラスとしては当たり前といえるハンズフリーで開閉するパワーリアゲートや、CarPlayやAndroidAUTOに対応したインフォテインメントシステム、Boseの14スピーカーシステム(アクティブノイズキャンセレーション機能付き)、そして通常のガラスタイプに対して3倍の情報量となるリアカメラミラーも備えています。

もちろん、全速度域の追従クルーズコントロール、オートマチックパーキングアシスト、自動ブレーキ、レーンキープアシストといった先進安全技術も備えています。

デビューに合わせて、アクティブな女性クリエイターに着目した『キャデラック パワーウーマン プロジェクト』もスタート、クロスオーバーらしいアクティビティをアピールするプロモーションも始まったキャデラックXT5クロスオーバー。

日本発売は2017年10月28日。グレードはラグジュアリーとプラチナムとなり、いずれも駆動方式はAWD。メーカー希望小売価格は6,685,200円〜7,549,200円(消費税込)となっています。

■キャデラックXT5クロスオーバー プラチナム主要スペック
車両型式:ABA-C1UL
全長:4825mm
全幅:1915mm
全高:1700mm
ホイールベース:2860mm
車両重量:1990kg
乗車定員:5名
エンジン型式:3L
エンジン形式:V型6気筒DOHC
総排気量:3649cc
最高出力:231kW(314PS)/6700rpm
最大トルク:368Nm(37.5kg-m)/5000rpm
変速装置:8速AT
タイヤサイズ:235/55R20
メーカー希望小売価格(税込):7,549,200円

(写真:門真 俊/GMジャパン 文:山本晋也)

米国の「おもてなし」キャデラックのミッドサイズSUV「XT5クロスオーバー」は10月28日に発売開始(http://clicccar.com/2017/07/13/491699/)

【関連記事】新型クロスオーバーの「キャデラックXT5クロスオーバー」発表!! 10月28日から販売開始新しいシボレー・カマロが2017年11月に日本上陸。4気筒ターボは516万2400円〜キャデラック旗艦サルーン「CT6」、ビッグチェンジで「エスカーラ」に変身!?