さらにスポーティな外観に進化した新型スバル・WRX S4、走りはどう変わった?

さらにスポーティな外観に進化した新型スバル・WRX S4、走りはどう変わった?

さらにスポーティな外観に進化した新型スバル・WRX S4、走りはどう変わった?の画像

0〜120km/hにおいて先行車に追従する加減速コントロールと、車線や先行車の軌跡を元に車線維持の操舵アシストを行なう「アイサイト・ツーリングアシスト」を新採用したスバルWRX S4に、クローズドコースで試乗する機会に恵まれました。

ワインディング路を模したクローズドコースだったため、今回のマイナーチェンジにおけるトピックである「アイサイト・ツーリングアシスト」については、システムを起動することさえしませんでしたが、逆にアイサイト以外の走りの進化を純粋に感じることができるコース設定となっていました。

最高出力300馬力の直噴ターボエンジンのスペックはそのままとはいえ、明らかに開口部が大きくなった新しいフロントバンパーは、ハイパフォーマンスセダンらしさを強調。ステアリングを握る前から、その進化に期待は高まります。

そして、ドアを開けてシートに腰を下ろすと、フルオートエアコンのパネルデザインが一新されていること、ディーラーオプションナビが8インチに拡大(従来は7インチ)していること、そしてドアグリップの形状が握りやすく改善されていることが確認できます。

マイナーチェンジですが、細かい部分まで気を配った進化を遂げているのです。

インパネ中央のマルチファンクションディスプレイも5.9インチにサイズアップ、その表示をブーストメーター・モードとして、いざコースイン。

スラロームセクションのヨーが残った状態から下りながらのターンインといったシチュエーションも用意されたコースでは、300馬力、1540kgのAWDマシンとは思えない俊敏さを感じたのが印象的です。

245/40R18という太めのタイヤを履いていることが安定性につながっているのはもちろんですが、グリップが勝ちすぎていてドライビングの楽しみをスポイルすることがありません。

より「しなやか」に動くようになったサスペンションのおかげでクルマの姿勢変化もわかりやすく、タイヤのグリップ力と対話をしながら走っている気分が味わえます。

デビュー当時からタイヤのトレッド面を見事に接地させるサスペンションの美点は、しなやかになっても健在。走行後にタイヤを見ても、ショルダーを削っているようなこともなく、実際にタイヤの性能を引き出していると感じられるのです。

CVTというトルク切れも、回転のドロップもないトランスミッションはターボエンジンとの相性もよく、マルチファンクションディスプレイに目をやると、フルブーストを維持して加速していく様子も確認できます。

走行後にピークブースト圧を確認したところ155kPaに達していました。直線メインの高速コースではないので、アクセルを踏み続けるようなシチュエーションはなく、オン/オフを繰り返すワインディング路ですが、安定したシャシーのおかげでエンジンの性能を引き出しやすい特性であることが再確認できました。

さらにマイナーチェンジで、後退時に障害物を検知すると自動ブレーキをかける安全デバイスを標準装備化、フロント左右の死角を減らすフロントビューモニターを上級グレードに標準装備するなど先進安全装備の面でも進化。

信号待ちなどでブレーキペダルから足を外しても停止状態を保持する「AVH(オートビークルホールド)」を新設定するなど、冒頭で触れた「アイサイト・ツーリングアシスト」以外にも運転アシスト性でもトップランナーといえるレベルに高まっているのも新型WRX S4の魅力です。

それにしても、これだけのパフォーマンスを気軽に味わうことのできるフレンドリーなスポーツセダンが、メーカー希望小売価格3,369,600円(消費税込)からラインナップされているというのは、絶対的には安くはないでしょうが、相対的にはリーズナブルに感じてしまいます。

ステアリング連動ヘッドライト(ハイ/ロー)やフォグランプも新意匠のLEDタイプとなったことで、より先進性を感じさせるフロントマスクとなった新型WRX S4。カタログを開くと最初のページに『最高峰の、嗜み』とキャッチコピーが書かれていますが、まさに大人の嗜みといえるドライビング体験ができるスポーツセダンであることが、ワインディング的コースで確認することができたのです。

■スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight主要スペック
車両型式:DBA-VAG
全長:4595mm
全幅:1795mm
全高:1475mm
ホイールベース:2650mm
車両重量:1540kg
乗車定員:5名
エンジン型式:FA20
エンジン形式:水平対向4気筒DOHC直噴ターボ
総排気量:1998cc
最高出力:221kW(300PS)/5600rpm
最大トルク:400Nm(40.8kg-m)/2000-4800rpm
変速装置:CVT(マニュアルモード付)
燃料消費率:12.4km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:245/40R18
メーカー希望小売価格(税込):3,736,800円

(写真:SUBARU 文:山本晋也)

【関連記事】

全車に自動運転機能を標準装備。大幅改良したスバル WRX S4は336万9600円〜
https://clicccar.com/2017/07/03/488435/

「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載するスバル・WRX S4が発表。発売は8月7日から!
https://clicccar.com/2017/07/04/488281/

フロントに第4の眼が追加!? スバルWRX S4/レヴォーグの安全性能がレベルアップ!
https://clicccar.com/2017/06/24/484609/

アイサイト・ツーリングアシスト搭載のレヴォーグを日本自動車研究所で試す【スバル 新アイサイト・ツーリングアシスト試乗】
https://clicccar.com/2017/06/19/483425/

「アイサイト・ツーリングアシスト」だけではない、新型レヴォーグ/WRX S4の新機能とは?
https://clicccar.com/2017/06/19/483796/

さらにスポーティな外観に進化した新型スバル・WRX S4、走りはどう変わった?(http://clicccar.com/2017/07/15/491924/)

【関連記事】日産NV350キャラバンがライバル・ハイエースに対して得たアドバンテージとは?さらに「カッコよく」「使いやすく」!日産NV350キャラバンがマイナーチェンジスバル・WRX STIがマイナーチェンジで愉しさアップ! ハンドリングが激変した理由とは?