ここに技あり! 100万円〜150万円で買えるおすすめ最新車種【2017年版】

100万円〜150万円のクルマというと、軽自動車はもちろんコンパクトカーがメインとなります。もちろん、そういったクルマに求められるのは日常生活での使い勝手の良さでしょう。

各社から様々なモデルが販売されており、ほぼ全てがこの利便性を備えていますが、細部に各車の個性が宿っています。

■スズキ・ワゴンR

車両本体価格や維持費の安さも含めて、真っ先に思い浮かぶのが軽自動車。シンプルを極めた「アルト」や「ミライース」のほか、軽自動車離れした広々空間がウリの「N-BOX」や「タント」、本格オフローダー「ジムニー」など様々なモデルが販売されていますが、トータルバランスに優れているのが「ワゴンR」です。

「ダイハツ・ムーヴ」や「日産・デイズ」「ホンダ・N-WGN」と競合も多いですが、「ワゴンR」ならではの魅力がマイルドハイブリッドです。これはブレーキによる減速で生じたエネルギーで発電した電力をエンジンの負荷が大きい発進時に活用することで燃料消費を抑制する優れ物であり、JC08モード燃費は最良で33.4km/Lを誇ります。

また、プラットフォームを刷新したことで、室内空間は拡大。室内長は2450mmとなり、大人4人がゆったり過ごせる空間が確保されています。

■スズキ・ソリオ

実用性として最も分かりやすいのが室内空間の広さです。乗員が快適に過ごせ、荷物もたくさん載せられるなど、広さがありすぎて困るということはありません。

軽自動車では「N-BOX」や「タント」が人気ですが、これらは4人乗り。そこで、注目なのが5人乗れる普通車「スズキ・ソリオ」です。「ダイハツ・トール」をはじめ「トヨタ・ルーミー」「トヨタ・タンク」が競合として名乗りを挙げましたが、室内長は2515mmと「ソリオ」の圧勝。

エンジンは「トール」勢が積む1.0L直3の方が自動車税には有利なものの、「ソリオ」が搭載する1.2L直列3気筒は91ps/12.0kgmを発揮するほか、新プラットフォームの採用によって車両重量は約100kg軽量なため、走りにおいてもリード。価格は145万4760円〜。

■ホンダ・フィット

実用車の定番といえばコンパクトハッチバック。とりわけ「フィット」は前席の下に燃料タンクを置くセンタータンクレイアウトを採用することでスペースを稼ぎ出し、居住性と荷室容量は他の追随を許しません。

そして今年7月にはマイナーチェンジを実施し、安全性でもライバルを大きく引き離しに掛かりました。

搭載するシステムは「HONDASENSING」。ミリ波レーダーとフロントカメラによって前方状況をチェックし、衝突を回避・軽減する自動ブレーキはもちろん、車線や車間を維持しつつ前走車を追従するクルーズコントロールなど、全8種類の機能が備わっています。142万8840円の「13G・F」の場合はオプションで装着可能。

(今 総一郎)

ここに技あり! 100万円〜150万円で買えるおすすめ最新車種【2017年版】(http://clicccar.com/2017/07/16/492330/)

【関連記事】安かろう悪かろうにあらず!100万円以下で買える実力派軽自動車の2台【2017年版】人目を気にせず楽しめる、300万円台で買えるオススメのオープンカー【2017年版】とことん遊び尽くせ! 200万円台で買えるオススメのステーションワゴン【2017年版】