三菱自動車が7人乗りの小型クロスオーバーMPVを世界初披露へ

三菱自動車が7人乗りの小型クロスオーバーMPVを世界初披露へ

三菱自動車が7人乗りの小型クロスオーバーMPVを世界初披露への画像

PHEVやEV、そしてSUVや軽自動車に注力している三菱自動車。2017年8月10日(木)から20日(日)までインドネシアで開催される第25回「インドネシア国際オートショー」において、小型クロスオーバーMPVを世界初披露するそうです。

MPV(マルチパーパスビークル)の優れた居住性や使い勝手に加えて、SUVの力強さを融合させた小型クロスオーバーMPVは、 同社のパッケージング技術と、これまで培われてきたSUVづくりのノウハウを注ぎ込んだ新型車。今秋よりインドネシアで生産・販売を開始するとしています。

既存の小型MPVよりもひと回り大きいワイドボディやレイアウトの最適化により、乗員7名すべてが快適に過ごせる小型MPVクラストップの居住空間と多彩なユーティリティを実現。

また、新世代を謳う「ダイナミックシールド」コンセプトを採用するとともに、MPVの流麗なルーフラインによる伸びやかなキャビンに大きく張り出したフェンダーなど、SUVの力強さ・ダイナミックさを融合させたデザインとされています。なお、日本での発売などについてはアナウンスされていません。

現在、三菱自動車の7人乗りはアウトランダー(ガソリン)やデリカD:5などですが、コンパクトモデルでの7人乗りは日本でも根強いニーズがあるだけに、これからの動向に注目です。

(塚田勝弘)

三菱自動車が7人乗りの小型クロスオーバーMPVを世界初披露へ(http://clicccar.com/2017/07/19/493032/)

【関連記事】三菱「ランエボ」が復活!? 株主総会で明かされた内容とは?【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第3回・野心的スタイルと高性能が融合した、6代目・ギャラン自動車メーカー初の純正「Android Auto」対応アプリを三菱自動車が配信