定番から個性派まで! 200万円〜250万円で買えるおすすめ最新車種【2017年版】

予算200万円〜250万円となると、クルマとしては十分。実用性はもちろん、性能や質感など含めて高い完成度を誇る一台を手に入れることが可能です。

とはいえ、テキトーな一台を選ぶのではなく、心から満足できる一台を選びたいはず。ここでは、そんな旬な3台をご紹介いたします。

■トヨタ・ノア/ヴォクシー

実用車の王道といえば、やはり外せないミニバン。250万円という金額では、ギリギリですが「ノア」と「ヴォクシー」がともに246万6720円で販売されています。

いずれもエントリーグレードのため、安全装備のトヨタセーフティセンスCはオプション扱いとなるほか、ホイールも15インチスチールとなるなど、装備は簡略化されていますが、直近のマイナーチェンジでBi-Beam LEDヘッドライトの標準装備化のほか、スライドドアへのシール追加による遮音性の向上、空力とボディ剛性の強化、ショックアブソーバーの見直しが行なわれているので、十分な魅力を備えていると言えます。

■ホンダ・ヴェゼル

いま最もホットなジャンルであるSUVの中でも、「ヴェゼル」は売れ筋の一台。センタータンクレイアウトによって実現した広大な空間がもたらす実用性と低燃費のハイブリッドそして独特なデザインが見事にまとまっており、登場から少々時間が経過していることや競合モデルが増えていることを考慮しても、いまだに人気は高いモデルです。価格は「HYBRID X・Honda SENSING」でちょうど250万円。

■シトロエン・C3

ここまでの2台はいずれも250万円ギリギリで狙えるモデルでしたが、最後に紹介するコンパクトカー「C3」のスターティングプライスは216万円。最上級グレードでも車両本体価格は239万円です。

その魅力は内外装の仕立てに尽きます。何者にも似ていないルックスはもちろん、内装も旅をテーマにクラシカルなカバンをモチーフにしているとのこと。また、ユニークなのが、ルームミラーに装着された「コネクテッドカム」と称するメモリーとGPS一体型のフルHDカメラを装備している点。ドライブレコーダーとして万一の際や旅の思い出を気軽に記録し、シェアすることができます。

(今 総一郎)

定番から個性派まで! 200万円〜250万円で買えるおすすめ最新車種【2017年版】(http://clicccar.com/2017/07/23/493615/)

【関連記事】輸入車も射程圏内に! 150万円〜200万円で買えるおすすめ最新車種【2017年版】ここに技あり! 100万円〜150万円で買えるおすすめ最新車種【2017年版】安かろう悪かろうにあらず!100万円以下で買える実力派軽自動車の2台【2017年版】