新テールライトに改良型コックピットも! MINI 5ドア改良型を初キャッチ

9月のフランクフルトモーターショーで公開が噂されている、MINI 5ドア改良型を初スクープしました。

フロントグリルに「S」バッジが付いていますが、ボンネットにエアスクープが見当たらず、ノーマルモデルの擬装と思われます。

エクステリアでは、ヘッドライト、フロント&リアバンパー、テールライトのグラフィックが刷新されます。メッシュで擬装されたテールライトは、現行モデルの円形から横T字型に変更されているのが確認出来ます。

初めて捉えた室内では、上下に幅を持たせたタッチスクリーンナビゲーションシステム、縦長のエアコン吹き出し口、新シフトノブなどが装備されています。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒がキャリーオーバーされる可能性が高いですが、若干の馬力アップや燃費向上がなされるかも知れません。エンジンの調子が良いのか、テストドライバーも思わずサムアップしています。

ワールドプレミアは、3ドア&5ドアが9月のフランクフルトモーターショー、「クーパーS」は2018年3月のジュネーブモーターショーが予想され、2019年以降、EVモデルの投入も期待されています。

(APOLLO)

新テールライトに改良型コックピットも! MINI 5ドア改良型を初キャッチ(http://clicccar.com/2017/07/25/493806/)

【関連記事】20年目の大刷新!フォード フォーカス次世代型は史上最もスポーティーになる280馬力の新エンジン快調!メルセデス・ベンツ Aクラス次期型、軽擬装でニュル高速テストベントレー史上初の量産PHV!469馬力の「ベンテイガ ハイブリッド」を初キャッチ