ディーゼルエンジンを積む新型MINIクロスオーバーの出来はいかに!?

ディーゼルエンジンを積む新型MINIクロスオーバーの出来はいかに!?

ディーゼルエンジンを積む新型MINIクロスオーバーの出来はいかに!?の画像

日本車のコンパクトSUVの多くが端境期といえる状況もあって、目を惹くのが輸入コンパクトSUVの盛り上がりでしょう。

以前お伝えしたように、ブランニューモデルのアウディQ2をはじめ、MINIクロスオーバーもフルモデルチェンジを受け、2016年にマイナーチェンジを受けたプジョー2008のほか、ルノー キャプチャーやFIAT 500X/ジープ・レネゲード、DS4クロスバックなど、SUVクロスオーバー的な個性的なモデルが数多く揃っています。

その中でも全長4315×全幅1820×全高1595mmというMINIクロスオーバーは、確かに「ミニ」ではありませんが、全長は4.3m台前半なので十分にショートといえるサイズで、全幅は輸入車らしくワイドですが、全高も1.6m以下に抑えられています。

また、比較的スクエアなフォルム、ボンネットが低く、Aピラーが比較的立ち気味の小さめに感じさせるキャビンというMINIのデザイン手法に則っていることもあって、ライバルよりも大きく感じられるわけではありません。

試乗した最上級グレードの「MINIクロスオーバー クーパー SD ALL4」、そして別の機会に街中で乗ることができたプラグインハイブリッド車の「MINIクロスオーバー クーパー S E ALL4」ともに、MINIらしい上質な内・外装、上質かつ硬質な走りが味わえます。

ここでは、クリーンディーゼルターボを積む最上位機種の「MINI クーパー SDクロスオーバー ALL4」を中心にお届けします。

新型MINIクロスオーバーは、ディーゼルとプラグインハイブリッドのみという品揃え。150ps/330Nmの2.0L 4気筒ディーゼルターボを「MINI クーパー D クロスオーバー」、「MINI クーパー D クロスオーバー ALL4」に搭載し、ディーゼルターボで最上級となる「MINI クーパー SDクロスオーバー ALL4」には、190ps/400Nmの2.0L ディーゼルターボを搭載。ともに8ATとの組み合わせになります。

やや硬質な乗り心地と、MINIらしい「ゴーカートフィーリング」と呼ばれるキビキビ感を抱かせながらもCセグメントまで上質化された走りは、Bセグメントベースが多いライバルとは一線を画すもので、BとCセグメントが混在するようなこのクラスでは、MINIクロスオーバーとアウディQ2の完成度の高さが際立っています。

高速道路に入ると、スタビリティの高さが際立ち、ボディの安定感が高くなり、全長4.3m超程度であることを考えると直進安定性の高さも上々といえます。

また、190ps/400Nmというスペックは、1630kgという車両重量の「MINI クーパー SDクロスオーバー ALL4」を加速させるには十分以上といえるトルク感、高速域のパンチ力があり、「スポーツ」モードにするとさらに速さが増し、高速道路でも流れを容易にリードできます。

ディーゼルで気になる静粛性の高さも同車の魅力で、低速時にディーゼルらしい音が多少車内に入ってきますが、ほとんど気にならないレベル。

「MINI クーパー SDクロスオーバー ALL4」は483万円とかなり強気の値段設定で、エントリーモデルの「MINI クーパー D クロスオーバー」も386万円と、ディーゼルエンジンということもあって少し高めの価格。

それでも、ディーゼルならではのトルク感やプレミアムガソリンよりもリッターあたり40円ほど安い軽油ということを考えると、長距離走行の多い方には選ぶ価値アリといえそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

アウディSUVの末弟・Q2の本命は、1.0Lエンジン搭載仕様!?
https://clicccar.com/2017/07/21/493685/

SUVの新星「アウディQ2」の実用性とライバルとの差は?
https://clicccar.com/2017/06/07/479651/

ディーゼルエンジンを積む新型MINIクロスオーバーの出来はいかに!?(http://clicccar.com/2017/07/26/494669/)

【関連記事】しっとりした乗り味と機敏なハンドリングを併せ持つ、若々しい大人のセダン【トヨタ・カムリ試乗】300万円を切る仕様も用意するコンパクトSUV「アウディ Q2」は「買い」?新テールライトに改良型コックピットも! MINI 5ドア改良型を初キャッチ