国交省が2018年に導入する新燃費基準「WLTC」モードでカタログ燃費に現実味!

国土交通省(国交省)が、カタログ燃費と実燃費乖離の是正に向けて2018年10月以降に発売される新型車から導入を予定している新燃費基準「WLTCモード」
(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle:世界統一試験サイクル)。

同省によると今回導入する「WLTCモード」は、市街地や郊外、高速道路などでの平均的な走行時間を加味した国際的な試験法で、JC08モードよりも一般的に燃費が低目に出るとしています。

ちなみに、「JC08モード」と「WLTCモード」における具体的な試験条件の違いは、コールドスタート比率や総走行距離、積載物の重量を考慮している点で、より現実的なものとなっています。

国交省によると、カタログには「WLTCモード」燃費に加え、「市街地」「郊外」「高速道路」における各燃費も併せて掲載するそうで、よりユーザーの走行環境に近い燃費を知ることができるそうです。

日経新聞では、「消費者保護の点からも、また本当に燃費の良いクルマの普及を促す環境政策の点からも、実態に即した燃費表示に向けて政府と自動車業界が知恵を絞るべき」と指摘しており、「JC08モード」がエアコンなどの使用を前提にしていないことが実燃費との乖離に繋がっているとしています。

ちなみに、マツダでは7月末に発売するCX-3の「SKYACTIV-G 2.0」搭載車で「WLTCモード」による燃費表示を先行して始めるそうなので、今後は各社が追従するものと予想されます。

ただ、より現実に近い燃費値とするためには、最終的にアメリカの環境保護庁のように、市場から収集した実測値による数値補正が必要なのかもしれません。

いずれにしても、「WLTCモード」による燃費測定導入で、従来よりも実燃費に近いカタログ燃費表示に繋がるのであれば、低燃費車を求めるユーザーにとって心強いエビデンスとなりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:国土交通省、MAZDA)

【関連記事】

国交省が燃費算定試験法を改正!「風洞法」を追加へ
https://clicccar.com/2017/04/08/460427/

元初代プリウス開発者が精査した三菱自動車の開発実態は?
https://clicccar.com/2016/08/04/390331/

スズキの報告から見えてくる燃費試験「惰行法」の課題とは?
https://clicccar.com/2016/05/22/372757/

三菱自で1991年から続いた4重の不正とは?
https://clicccar.com/2016/04/26/368979/

VWがディーゼル車の燃費優先で環境対応を軽視か?
https://clicccar.com/2015/09/26/329216/

【関連リンク】

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/jidosha/index.html

国交省が2018年に導入する新燃費基準「WLTC」モードでカタログ燃費に現実味!(http://clicccar.com/2017/07/27/494725/)

【関連記事】夏休みの自由研究にも最適!マツダが恒例の「船積み見学会」を開催マツダCX-8は魂動デザインと3列シートの居住性をいかにして両立させた?新型マツダCX-8は当初の予測よりも前倒しで9月に発表か!?