マツダCX-8は魂動デザインと3列シートの居住性をいかにして両立させた?

マツダCX-8は魂動デザインと3列シートの居住性をいかにして両立させた?

マツダCX-8は魂動デザインと3列シートの居住性をいかにして両立させた?の画像

外観写真が公開されたマツダ・CX-8。ただし、前回の内装写真1点に追加公表されたのはモノクロ風の外観写真1点。人物も写っていませんのでサイズ感はその写真のみからはわかりかねますので、公表されているサイズから3列シートの居住性を考察してみましょう。

CX-9をベースに日本向けにサイズ変更され、デザインも新たにされるCX-8。すでにアナウンスされていたように、全長4900×全幅1840×全高1730mmというスリーサイズは、BMW X5(全長4910×全幅1940×全高1760mm)の全長とほぼ同じ。なお、全長はCX-5よりも355mm長く、全幅は同値、全高はCX-5よりも40mm高くなっています。

355mmの全長延長、そして40mm背が高くなっているのは、3列目への対応でしょう。公開されたサイドビューの写真を見る限り、ルーフラインはテールゲートにいくほど下がるのではなく、ほぼ水平基調で、3列目頭上空間への配慮がうかがえます。

3列目の足元スペースもBMW X5とほぼ同等の全長355mmを考えると、そこそこ確保されると予想できますが、SUVだけにフロアが高く、乗降性はミニバンのようにはいかないと思われます。

3列目で大型ミニバン並の常用スペースを確保するのは、CX-8よりもさらにひと回り大きなキャデラック・エスカレード、リンカーン・ナビゲーター級のサイズが必要で、そうなると日本での取り回しに影響が出てきます。

おそらく、乗降性はそこそこで、大人が無理な姿勢を強いられることなく座れるサードシート(子どもなら常用可)というのが落としどころになっていると思われます。また、6人乗り/7人乗りの設定があると発表されており、2列目は2人掛けのキャプテンシートと3人掛けのベンチシートが用意されます。

なお、エンジンは2.2Lの新世代クリーンディーゼルエンジン、6ATのみと発表されています。

(塚田勝弘)

マツダCX-8は魂動デザインと3列シートの居住性をいかにして両立させた?(http://clicccar.com/2017/07/25/494773/)

【関連記事】新型マツダCX-8は当初の予測よりも前倒しで9月に発表か!?【新型CX-5のリアに味付け】フジツボからマフラーが新登場! PR耐久レースの名門とタッグ!マツダUSAがヨーストと提携し、「マツダチーム・ヨースト」を設立