ダークメッキのフロントグリルやルーフレールが追加されたフォレスターの特別仕様車「Smart Edition」

2017年7月25日、SUBARUフォレスターに特別仕様車の「2.0XT EyeSight Smart Edition」「S-Limited Smart Edition」が発表され、8月22日から発売されます。

フォレスターの上級グレード「2.0XT EyeSight」と「S-Limited(2.0i-L EyeSight の特別仕様車)」をベースに仕立てられた「Smart Edition」は、両モデルが備えるスポーティテイストを活かしながら、ダークメッキのフロントグリル、ブラックのドアミラー、シャーク フィンルーフアンテナ、ルーフレールを特別装備。

内装には、インパネ加飾パネル(シルバー塗装) 、センタートレイ&ドアグリップ加飾(シルバー塗装)が施されます。

シックで統一感のあるエクステリアに加えて、SUBARU自慢の安全装備はそのままに、装備を一部見直すことで買い得感のある価格設定とされています。

なお、ベース車から落とされる装備は、クロームウインドウモールをはじめ、アルミハパッド付スポーツペダル、運転席&助手席8ウェイパワーシート、後席シートヒーター。

価格は2.0LのNAエンジンを積む「S-Limited Smart Edition」が2,808,000円、2.0Lの直噴ターボを積む「2.0XT EyeSight Smart Edition 」が3,002,400円。ベース車の「S-Limited」は2,894,400円、「2.0XT EyeSight」は3,128,760円です。

(塚田勝弘)

ダークメッキのフロントグリルやルーフレールが追加されたフォレスターの特別仕様車「Smart Edition」(http://clicccar.com/2017/07/26/494916/)

【関連記事】【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第6回・スバルの新時代を築いた世界戦略車。スバル・レガシィ(初代)「アプライドD」へ進化し、乗り心地を改善したスポーツツアラー「スバル・レヴォーグ」の走り磨きを掛けた大人のスポーツセダン、新型スバル・WRX S4