BMW最小クーペSUV「X2」、コックピットを初キャッチ

BMW『X1』のスポーツ版ともいえる、クーペSUV『X2』の軽偽装プロトタイプ、およびその室内を初めて捉えました。

コックピットは、センターのワイドディスプレイや「iDrive」など、「X1」と酷似したものとなっているようです。

X2は「UKL」プラットフォームを採用。Aピラー及びリアウィンドウに傾斜を持たせたクーペルックを特徴としており、X1と差別化が図られています。

市販型では、コンセプトモデルのアグレッシブなフロントエアダクトなどのデザインがどこまで反映されるか期待されていますが、プロトタイプからはオーソドックスなXシリーズ同様のフロントエンドが予想されます。

今回新たに露出した、バンパー上部のフォグランプもその一端と言えます。

パワートレインは、X1と共有する1.5リットル直列3気筒ターボ、及び最高出力228psを発揮する、2リットル直列4気筒ツインターボエンジンがラインナップされ、2018年1月からの発売開始が予想されています。

(APOLLO)

BMW最小クーペSUV「X2」、コックピットを初キャッチ(http://clicccar.com/2017/07/27/495059/)

【関連記事】灼熱の山ごもりテスト中!次世代ポルシェ911カブリオレはとってもスタイリッシュこれが元FF最速王者の走りだ!新型メガーヌ R.S.がニュルを爆走ボルボ最小SUV「XC40」、峠のワインディングを力強く駆け抜ける!