1.4L直噴ターボを搭載する新モデルを追加したスズキ・エスクード

2017年7月26日、1.6LのNAエンジンのみだったスズキ・エスクードに、1.4Lの直噴ターボを搭載した「エスクード 1.4ターボ」が追加されました。

「エスクード 1.4ターボ」は、2.0LのNAエンジン並みの高出力・高トルクを発揮する136ps/210Nmの1.4L直噴ターボの「ブースタージェット エンジン」に6速ATを組み合わせた仕様で、スポーティな走りが自慢。

エクステリアは、躍動感を抱かせる新デザインのメッキフロントグリルをはじめ、専用色のアルミホイールとルーフレールを装備。黒を基調にしたインテリアは、赤のアクセントカラーが施され、専用ステアリングホイールと専用ペダルプレートを採用することでスポーティな仕立てになっています。

ハンガリーで生産されているスズキ・エスクードは、欧州で徹底して走り込み実現した安定感のある足まわりが特徴で、1.6LのNA車にも採用されている新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」をはじめ、衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートU(RBSU)」やロングドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール(ACC)などが標準装備されています。

さらに、「エスクード 1.4ターボ」には、これらの装備に加えてSRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備することで安全装備を充実。

注目の1.4L直噴ターボは、撮影のための移動のみでしたので、実力を確かめることはできませんでしたが、レギュラーガソリンで燃費とパワーを両立する「ブースタージェット エンジン」となっています。

また、6ATは、1速〜6速の変速比幅が大きく、低速域では優れた発進加速性能、登坂性能を実現し、マニュアルモード付パドルシフトも用意されています。高速域では静粛性、燃費性能を向上させているそうです。「エスクード 1.4ターボ」の駆動方式は、1.6L NAと同様に4WDのみで、価格は2,586,600円となっています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

1.4L直噴ターボを搭載する新モデルを追加したスズキ・エスクード(http://clicccar.com/2017/07/27/495484/)

【関連記事】新型スイフトスポーツ世界初公開記念!日本が誇るホットハッチの歴史を振り返るスイフトスポーツが今秋開催のフランクフルトモーターショーで公開!走れないトコどこですか?ついに現れた250アドベンチャー・スズキ V-Strom250は、将来性を感じるバイク!