新型ホンダ・シビックが国内復活!! 最安はセダンの2,454,000円、タイプRは4,167,000円

10代目ホンダ・シビックが7月27日に発売されました。日本でいえば復活になります。

気になる価格は、ハッチバックがCVT、MTともに2,593,000円、CVTのみのセダンが2,454,000円、6MTのみのタイプRが4,167,000円となっています。

タイプRには、専用の2.0L VTEC ターボエンジン(最高出力320ps、最大トルク400Nm)を搭載。さらに、減速操作に合わせてエンジンの回転数が自動で調整されるレブマッチシステムがホンダ車として初めて採用され、減速時のアクセル操作が不要になります。もちろん、好みに応じてシステム自体をオフにすることも可能です。

2.0Lターボで量産車最高を誇るメルセデス AMG A 45 AMGの381ps/475Nmには及びませんが、「FFモデルでニュルブルクリンク最速」の称号はファン垂涎の存在になるはず。

そのほか、ハッチバックの6MT車は、182ps/240Nmの1.5L直列4気筒直噴ターボを搭載し、182ps/240Nmというアウトプットを得ています。ハッチバックのCVTは、182ps/220Nm。セダンは173ps/220Nmとなっています。

安全面では「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」を標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援。なお、CVT車ではホンダ・センシングを装備しない仕様も選択できます。

車内は、Cセグメントでトップクラスとなるキャビンを確保し、荷室は大開口、大容量を誇ります。さらに、ハッチバックは、左右どちらにも引き出しや巻き取りが可能な、世界初となる横開きのカーゴエリアカバーを採用しています。細部にまでこだわりが貫かれています。

(塚田勝弘)

新型ホンダ・シビックが国内復活!! 最安はセダンの2,454,000円、タイプRは4,167,000円(http://clicccar.com/2017/07/28/496062/)

【関連記事】数少ない3ペダルMT、さらに使えるACCも装備【ホンダ・フィットRS試乗】ずいぶん性格が異なるハイブリッドLとハイブリッドS、オススメは?【ホンダ・フィット・ハイブリッド試乗】ボディ強化まで敢行したビッグマイナーチェンジ!ホンダ・フィットをチェック