ベッテル優勝で新しいダンスを披露!アロンソが送ったスペシャルメッセージとは?【2017年F1第11戦ハンガリーGP】

ベッテル優勝で新しいダンスを披露!アロンソが送ったスペシャルメッセージとは?【2017年F1第11戦ハンガリーGP】

ベッテル優勝で新しいダンスを披露!アロンソが送ったスペシャルメッセージとは?【2017年F1第11戦ハンガリーGP】の画像

2017年F1第11戦ハンガリーGPが、ハンガロリンク(4.381km、周回数70周)で開催されました。

予選ではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がポールポジションを獲得。2番手にキミ・ライコネン(フェラーリ)、3番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)が続きました。

ハンガリーGPには毎年フィンランドからたくさんのライコネン応援団が訪れていますが、予選最終ラップでライコネンが2番手タイムを叩き出した時には、フィンランド国旗で埋め尽くされたスタンドは大盛り上がり! クールなライコネンは普段あまりファンサービスをしませんが、予選後のインタビューでは何度もスタンドのファンに手を振るなど、とても嬉しそうな姿が印象的でした。

ハンガリーGPで私的注目ポイントが2つあります。まずは、体調不良のためレースに出場できなかったフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)の代役で走るリザーブドライバーのポール・ディ・レスタ。スコットランド出身のディ・レスタは、F1にこれまで69レース出場し、2013年ブラジルGP以来、約4年振りのF1参戦となります。レース中、どのような走りを見せてくれるのか注目です。

そして予選7番手のニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)がギヤボックス交換のため5グリッド降格ペナルティを受け、フェルナンド・アロンソが7番手、ストフェル・バンドーンが8番手に繰り上がり、4列目スタートとなったマクラーレン勢にも要注目! ダブル入賞に期待がかかります。

日曜日の天気は快晴。強い日差しが照りつけるなか(ハンガロリンクに隣接した大型レジャープールでウォータースライダーを楽しんでいる人たちが気持ちよさそう!)、決勝がスタートしました!!

スタートで上位3台の順位入れ替えはありませんでしたが、4番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)をスタート直後にパスしたレッドブル勢。マックス・フェルスタッペンが4位、ダニエル・リカルドが5位に順位を上げました。しかしその後のターン2でフェルスタッペンがブレーキをロックさせ、リカルドのサイドポッドにヒットさせてしまうというハプニングが発生。

これにより、リカルドはリタイアに……。コース上のマシン撤去のためセーフティカーが導入され、フェルスタッペンには10秒ペナルティが科せられました。

6周目にセーフティカーが入り、レースが再開します。

30周目から上位陣がタイヤ交換のためにぞくぞくとピットイン。まだタイヤ交換をしていないフェルスタッペンが首位、2位ベッテル、3位ライコネン、4位ボッタス、5位ハミルトンと続きます。

35周目、6位争いを続けていたカルロス・サインツJr(トロロッソ)とアロンソが同時ピットイン! ピットアウト後、サインツJrの真後ろにアロンソがピッタリとつき、スペイン出身同士の熱い戦いが繰り広げられました。そして37周目のターン2でアロンソがサインツJrをパス。6位に浮上します。

42周目、フェルスタッペンがタイヤ交換のためにピットインをし、10秒ペナルティも消化。これで首位がベッテルに戻りました。

46周目、ボッタスにハミルトンを前にいかせるようチームオーダーが出されました。ボッタスは指示通りハミルトンにポジションを譲り、ハミルトンは前にいるライコネンを追い掛けます。するとハミルトンとボッタスに「もしルイスがキミを抜けなかったら順位を戻す」とチーム無線が入ったのです。

もし抜けなかったとしても、ベッテルと1ポイント差でドライバーズチャンピオンシップを争っているハミルトンはひとつでも多くポイントを獲得したいところ。果たして、ハミルトンはこの約束を守るのでしょうか……。

レース終盤、セーフティカー後から訴え続けているステアリングの不調で、ベッテルのペースが上がりません。そんなベッテルの後ろにはチームメイトのライコネンが1秒以内までせまり、そしてその後ろを走るハミルトンもライコネンに1秒以内まで近づいてきました。

ハンガロリンクは抜きづらいサーキット。両者なかなか勝負をしかけることができません。しかし一瞬でもミスをしたら簡単に抜かれてしまうというギリギリの戦いで、息をするのを忘れるほど(!?)の面白いレースでした。

そんな中、ベッテルがトップを守り切り、優勝! チームメイトを追いながらも、後ろのハミルトンを抑えなければいけないという一番大変な立場だったライコネンが2位、ファンの投票によって選ばれる「ドライバー・オブ・ザ・デー」が与えられました。

そして最後までライコネンをパスできなかったハミルトンはチームとの約束通り順位を戻し4位に、ボッタスは3位表彰台となりました。最終ラップでハミルトンとボッタスのギャップが大きくなっていたにもかかわらず、ペースを落としボッタスを前にいかせたハミルトンは最高にかっこよかった!

さて注目のマクラーレン勢はというと、アロンソが素晴らしい走りを見せフェラーリ、メルセデス、レッドブルに続き6位! バンドーンはピットミスで順位を落とすも10位と今シーズン初入賞を果たし、嬉しいダブル入賞となりました。

緊急参戦となったディ・レスタは、60周目にマシントラブルのため、リタイア。残念な結果となってしまいました。しかし、約4年振りにF1に参戦したにも関わらず、この新しいマシンに乗って問題なくここまでレースを続けたディ・レスタはさすが!でした。またいつかF1でレースをしている姿が見られますように!

ベッテルといえば、今シーズン優勝したら両手を上下にチョンチョンと動かす「喜びの舞」を披露するのが恒例となっていますが、なんとハンガリーGPから新しいダンスが追加されました! お決まりのダンスの後、両手を頭の上で合わせてクネクネしながらインド風に踊るベッテル。なぜその動きになったのかは謎ですが(笑)、後どのくらいレパートリーが増えるのか、楽しみですね。

そして最後にサプライズがあったのです!

ポディウムの下には、2015年ブラジルGP予選でトラブルでマシンから降りたアロンソがコースサイドで風をあびながら気持ちよさそうに椅子に座っている、あの名シーンが大きく描かれていました(しかも背景がサーキットでなくビーチ!)。「なぜここに、この絵が……?」と不思議に思っていたら、本人が登場! 絵の横に用意されたデッキチェアに「F1 WISHES YOU HAPPY HOLIDAY!」という看板を持ちながら同じポーズで座わりはじめたではないですか!!

そう、F1はこれから約1カ月の夏休みに入ります。そのためのメッセージを披露してくれたのは最高なのですが、あまりにもインパクトが強すぎてハンガリーGPの素晴らしかったレースの印象をすべて持っていかれたような気がします(笑)。

でも、おかげで良い夏休みが過ごせそうです。アロンソ、素敵なメッセージをありがとう!

ハンガリーGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
3/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
4/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
5/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
6/#14/フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
7/#55/カルロス・サインツJr/トロロッソ
8/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
9/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
10/#2/ストフェル・バンドーン/マクラーレン

(yuri)

ベッテル優勝で新しいダンスを披露!アロンソが送ったスペシャルメッセージとは?【2017年F1第11戦ハンガリーGP】(http://clicccar.com/2017/08/01/496292/)

【関連記事】ヒートアップする発言は「ホンダを愛している」から!? フェルナンド・アロンソ大特集【F1速報×F1女子〜イギリスGP号〜】ルイス・ハミルトンが母国GPで優勝!大規模F1イベントに衝撃展開のレース、超豪華なインタビュアー登場に大盛り上がり!!【2017年F1第10戦イギリスGP】準備するストラテジー数は200万通り!? レースストラテジストの仕事内容に迫る!【F1速報×F1女子〜オーストリアGP号〜】