レースクイーンの始まりは「日本の鈴鹿8耐」だったって知ってましたか!?

レースクイーンは笑顔でレースを盛り上げてくれるサーキットの華ですが、その発祥は日本の鈴鹿サーキットだって知ってましたか?

いよいよ今週末、鈴鹿8耐が開催されます。1978年に始まり80年代から90年代にかけてのバイクブームもあり、モータースポーツイベントとしてひとつの頂点を見せた同大会。

今年は40回目の節目となる記念大会となり、世界のトップライダー達が多数参戦しています。例年以上に大きな盛り上がりが期待されます。

さて、その鈴鹿8耐には、ひとつ面白いトリビアがあります。

サーキットやレースになくてはならなくなったレースクイーンのみなさん。このレースクイーンは日本の鈴鹿サーキットで誕生しました。

日本で最も有名なオートバイのレース「鈴鹿8耐」で、あるチームの女性が真夏の日差しを和らげるためライダーに傘を差しかけました。そうすると、その女性がやたらと写真を撮られることに。そこで、その女性の衣装にメーカーのロゴを入れたのが始まりと言われています。

(写真:RIDING SPORT/文:須賀屋)

【関連リンク】

写真提供:ASB電子雑誌書店http://www.as-books.jp/

現在、ASB電子雑誌書店では、鈴鹿8耐の記事を掲載した2輪レース雑誌「ライディングスポーツ」のバックナンバー(1982年〜1993年)を電子版(紙版では絶版)で集めた『鈴鹿8耐特集』を実施中。ウェイン・レイニー、平忠彦、エディー・ローソンが駆け抜けた時代に浸れます。

7月29日(土)、30日(日)の2日間、お得なサマーセールを実施。全商品から一度に1000円以上のお買い上げで20%OFF。かなり古いバックナンバーも揃っているので、まずは覗いてみてはいかがでしょうか。

レースクイーンの始まりは「日本の鈴鹿8耐」だったって知ってましたか!?(http://clicccar.com/2017/07/28/496448/)

【関連記事】全国の10代・20代集まれ!バイク好きじゃなくても楽しめる「鈴鹿8耐」でMotoBeがイベントを開催日本レースクイーン大賞新人部門clicccar賞は「はらことは」さんに決定!レースクイーンが自前の浴衣で登場!「ギャルパラ七夕祭り」がアツかった