レンジローバー・スポーツにも搭載されている3.0L V6ディーゼルは積極的に選びたい高い完成度

新型ディスカバリーの登場よりも前に、レンジローバー、レンジローバー・スポーツの2017年モデルにも3.0L V6のディーゼルターボエンジン(TDV6)が搭載されています。

新型ディスカバリーでもその静かさは驚くほどですが、遮音と吸音対策がより念入りにされているレンジローバー、レンジローバー・スポーツでは、ディーゼルエンジンとはまったく思えないほど静か。本当に圧倒されるほどです。

まず、レンジローバー・スポーツからチェックしていきます。試乗車はディーゼルエンジン最上級仕様の「HSE Dynamic」。258ps/600Nmという3.0Lディーゼルターボは、8ATとの組み合わせ。スポーツの名がついても本格オフロードでもあるSUVですから、スタート時に過敏に反応することはなく、スムーズに発進できます。

そこからアクセルを踏んでいくとトルクフルでディーゼルらしい美点を感じさせながら、回してもパワーが息切れする感じはなく、全長4855×全幅1985×全高1800mmという巨体を加速させます。

レンジローバー・スポーツの美点である直進安定性の高さと、イザという時の回頭性よさというバランスに秀でた点は、フロントノーズが重くなるディーゼルエンジンでも十分に確保されている印象。

また、レンジローバーのように「まるで上質な絨毯の上を走っているような」圧倒的なスムーズな乗り味ではないにしても、十分にコンフォートな乗り心地まで確保されています。21インチタイヤ(275/45R21/コンチネンタル・クロスコンタクト クロスLXスポーツ)というサイズを考えても良好といえる乗り心地。

レンジローバー・スポーツを指名する人は、乗り心地や走行安定性などの高級感だけでなく、まさしくスポーティな走りを求めていると思われますが、ディーゼルエンジンでもかったるさは無縁で、給油の手間(回数)も考えても積極的にチョイスしたいと思わせるほど。

16,480,000円という価格も性能も別格であるレンジローバー・スポーツSVR(5.0L V8スーパーチャージャー)はまさに異次元として、8,950,000円〜10,900,000円(試乗車)という3.0L V6ディーゼルターボエンジン車は、手が届く人にとっては買い得感さえ覚えるのではないでしょうか。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

レンジローバー・スポーツにも搭載されている3.0L V6ディーゼルは積極的に選びたい高い完成度(http://clicccar.com/2017/08/02/497073/)

【関連記事】2020年にハイブリッドも登場!? メルセデスAMG GLE63次期型、丸く大きく600馬力へ新型SUBARU XVなら1台ですべてをまかなえる!?【SUBARU XV 公道試乗】SUBARU XVの走りの美点と課題、そして実燃費をチェック!【SUBARU XV 公道試乗】