上手に回避して、少しでも快適なドライブを。2017年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測が発表

お盆休みにクルマで実家へ帰省や、旅行に出掛ける人は多いでしょう。そんな楽しいドライブに水を指すのが「交通渋滞」。NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本・JB本四高速・(公財)日本道路交通情報センターが、2017年のお盆期間(8月5日〜16日までの12日間)の高速道路での交通集中による渋滞予測を発表しました。

交通集中による渋滞のピーク日ですが、下り線はお盆休み初日となる海の日の8月11日の金曜日。そして上り線は8月13日の月曜日〜15日の火曜日と予測しています。お盆休み期間の12日間で10km以上の渋滞予測は下り線と上り線合わせて512回と予測しています。

下り線は214回で、トップ3は8月11日の金曜日が49回、12日土曜日が41回、13日日曜日が29回となっています。一方上り線は298回で、トップ3は14日月曜日の45回、13日の日曜日の44回15日の43回とこの3日間に集中すると予測しています。

続いては、特に長い渋滞の発生予測です。今回のお盆休み中の高速道路でピーク時の渋滞が45kmに及ぶと予測しているポイントが3箇所あります。

8月11日金曜日10時頃のE4東北自動車道下り線の矢板PA付近、8月14日月曜日17時頃のE17関越自動車道上り線高坂SA付近。そしてもう1箇所はE20中央自動車道下り線相模原IC付近で、発生する日時は8月5日土曜日7時頃、8月11日金曜日6時頃、8月12日土曜日7時頃とこのポイントは3日も予想されています。

渋滞につかまった場合の所要時間は、E4東北道下り線矢板PA付近だと通常の約3倍の約2時間。E17関越道上り線高坂SA付近だと、通常の約3倍の約1時間35分。そしてE20中央道下り線相模湖IC付近では通常の約4倍の約2時間15分を見込んでいます。できるだけ、このピーク時を避けてドライブブランを立てることをオススメします。

(萩原文博)

上手に回避して、少しでも快適なドライブを。2017年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測が発表(http://clicccar.com/2017/08/03/497292/)

【関連記事】渋滞中のストレスは○○で吹き飛ばす!? お盆期間のドライブにオススメのリフレッシュ方法とは?NEXCO西日本がETC2.0搭載車を対象に、高速道路からの一時退出を可能にする試験を実施チャイルドシートの必要性と正しい装着方法を動画でチェック!!