アストンマーティンDB11、最も過激な650馬力の「S」モデルを投入か!?

アストンマーティン『DB11』のハードコアモデル、『DB11 S』プロトタイプを公道で初めてキャッチしました。

2016年のジュネーブモーターショーで発表された「DB11」新型は、「DB9」の後継モデルとして、アストンマーティン史上最もパワフルでダイナミックな性能を持ったGTです。

そのDB11の頂点に立つ最強「S」モデルの試作車は、フロントバンパーに大口エアインテーク、リップスポイラー、サイドスカート、リアデュフューザーなどのエアロキットに、レカロシート、ロールケージを備えたハイスペック仕様が見て取れます。

「DB11」を超える軽量化及び剛性を持ち、エアロダイナミクスを極限に高めるアグレッシブなエクステリアも魅力的です。

パワートレインは6リットルV型12気筒エンジンで、最高出力は650psを発揮、最高速度330km/h、0-100km/h加速は3.7秒のスーパーカーパフォーマンスを誇ります。

史上最速のオープンと謳われる「ヴォランテ」が2018年3月に公開予定ですが、「DB11 S」は一足早く2017年内にも発表される可能性が高いです。

(APOLLO)

アストンマーティン『DB11』のハードコアモデル、『DB11 S』プロトタイプを公道で初めてキャッチしました。

2016年のジュネーブモーターショーで発表された「DB11」新型は、「DB9」の後継モデルとして、アストンマーティン史上最もパワフルでダイナミックな性能を持ったGTです。

そのDB11の頂点に立つ最強「S」モデルの試作車は、フロントバンパーに大口エアインテーク、リップスポイラー、サイドスカート、リアデュフューザーなどのエアロキットに、レカロシート、ロールケージを備えたハイスペック仕様が見て取れます。

「DB11」を超える軽量化及び剛性を持ち、エアロダイナミクスを極限に高めるアグレッシブなエクステリアも魅力的です。

パワートレインは6リットルV型12気筒エンジンで、最高出力は650psを発揮、最高速度330km/h、0-100km/h加速は3.7秒のスーパーカーパフォーマンスを誇ります。

史上最速のオープンと謳われる「ヴォランテ」が2018年3月に公開予定ですが、「DB11 S」は一足早く2017年内にも発表される可能性が高いです。

(APOLLO)

アストンマーティンDB11、最も過激な650馬力の「S」モデルを投入か!?(http://clicccar.com/2017/08/05/497808/)

【関連記事】アウディ初の完全EV「Q6 e-tron」生スクープ!最大500馬力&航続距離500km以上を発揮往年のスーパーカーを彷彿とさせるシルエット。アウディS7次期型はポルシェユニット搭載で460馬力を発揮「マジックカーペット」を搭載する、ロールスロイス SUV「カリナン」のホワイトボディを激写!