日産は過去から現在まで「時代の最先端を走る」デザインを提示【オートモビル カウンシル 2017】

日産は過去から現在まで「時代の最先端を走る」デザインを提示【オートモビル カウンシル 2017】

日産は過去から現在まで「時代の最先端を走る」デザインを提示【オートモビル カウンシル 2017】の画像

オートモビル カウンシルに2回目の出展となる日産自動車は、出展テーマを「時代の最先端デザイン」とし、2017年の北米国際自動車ショーで披露されたコンセプトカー「Vmotion 2.0」を中心に展示。

そして、1935年の「ダットサン14型」、1960年の「プリンス スカイラインスポーツ」、1966年の「ニッサン・シルビア」というかつての名車を3台出展し、その時々の最新デザイン、デザインの変遷を紹介していました。

日産、そしてプリンス自動車工業(1966年に日産と合併)が、それぞれのクルマのデザインで挑戦してきたストーリーを紐解きながら、将来の日産デザインの方向性を示す「Vmotion 2.0」を出展することでその系譜を明らかにしています。

ほかにも、今年4月に六本木ヒルズアリーナで開催されたスカイライン60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」会場で好評だった、「スカイライン スペシャル ラバーストラップ」を再販するなど、日産ファンには見逃せないブースになったようです。

(文/写真 塚田勝弘)

日産は過去から現在まで「時代の最先端を走る」デザインを提示【オートモビル カウンシル 2017】(http://clicccar.com/2017/08/08/499404/)

【関連記事】7月度 登録車販売台数の首位は「日産ノート」。軽自動車を含めた総合順位は?初代ロードスターのレストアサービスを発表。パーツの復刻もスタート【オートモビル カウンシル 2017】パーソナルユースを重視したスペシャルメイドモデルも充実の日産・NV350キャラバン