スバル360から最新のアイサイト・ツーリングアシストまで共通するキーワードとは?【オートモビル カウンシル 2017】

スバル360から最新のアイサイト・ツーリングアシストまで共通するキーワードとは?【オートモビル カウンシル 2017】

スバル360から最新のアイサイト・ツーリングアシストまで共通するキーワードとは?【オートモビル カウンシル 2017】の画像

SUBARUといえば水平対向エンジンやシンメトリカルAWD、トップカテゴリーのWRCも含めて世界を席巻したラリー、あるいはレガシィ・ツーリングワゴンやレヴォーグに代表されるステーションワゴンモデル。そして、WRX STIのようなホットな走りを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

最近は、「アイサイト」の認知度向上により「SUBARU=安全」というイメージが定着しつつあります。

「オートモビル カウンシル 2017」のブースでは、「事故ゼロを目指して60周年」として、1958年に発売された「スバル360」の時代から始まる同社の総合安全(0次安全、走行安全、予防安全、衝突安全)への取り組みを展示。

当時から衝突安全や歩行者保護などの安全技術に取り組んでいたスバル360やスバル1000が出展されていました。

SUBARUの約60年に渡る「事故ゼロ」に向けた取り組みの最新技術であり、新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」も8月7日に発売される新型「レヴォーグ」、「WRX S4」の展示とともに展示されていました。日本の中堅自動車メーカーであるSUBARU、そしてマツダもそうですが、今後は走りやデザインはもちろん、「安全」というキーワードが重みをより増しそうです。

(塚田勝弘)

スバル360から最新のアイサイト・ツーリングアシストまで共通するキーワードとは?【オートモビル カウンシル 2017】(http://clicccar.com/2017/08/08/499411/)

【関連記事】WRCの名車を目玉に「クワトロ」押しで攻めた初出展のアウディブース【オートモビル カウンシル 2017】日産は過去から現在まで「時代の最先端を走る」デザインを提示【オートモビル カウンシル 2017】燃費より安全重視の時代だから、SUBARUレヴォーグとWRX S4が売れている!