超無骨な電動オフロード4駆「ボリンジャー B1」はパフォーマンスも圧巻。0-100km加速は4.5秒!

超無骨な電動オフロード4駆「ボリンジャー B1」はパフォーマンスも圧巻。0-100km加速は4.5秒!

超無骨な電動オフロード4駆「ボリンジャー B1」はパフォーマンスも圧巻。0-100km加速は4.5秒!の画像

ニューヨークで2014年に修理工場から事業をスタートさせ、2015年10月にEVトラックの開発に着手。今年8月初めにスポーツ・ユーティリティ・トラック「B1」を発表した「ボリンジャー・モーターズ」。

同社はオフロード性能に優れたユニークなEV作りを目指しており、4WD仕様の「B1」では50:50の前後重量配分により、卓越したトラクションを実現。

前後に1基ずつ搭載したデュアルモーターで最高出力365ps、最大トルク65.3kgmを発生。0-100km/h加速性能が4.5秒と、その無骨な外観からは想像できないパフォーマンスを秘めています。

https://www.youtube.com/watch?v=DmhNY92JpYg

ピュアEV「B1」は移動可能な電力源としても使え、長尺物などの積載性にも優れるとともに、最大約2,8tの牽引能力を持っています。実用性重視の設計で、走行条件に合わせて最低地上高を調整可能(約250-500mm)。また、計器類や床周りには防水処理が施されており、オフロード走行で汚れた際に丸洗いが可能。

バッテリーパックは60kWhと100kWhの2種類を用意。CHAdeMO規格の急速充電に対応しており、60kWhのバッテリーによる航続距離は約193km、普通充電で7.3時間、急速充電なら45分で満充電となります。

一方100kWhバッテリーの場合、航続距離は約322kmに拡大、充電時間は普通充電で12.1時間、急速充電で75分となっており、車体後部には2つの110Vプラグを備え、屋外での電力供給も可能。

https://www.youtube.com/watch?v=jct5ih9U5sM

ボリンジャー・モーターズによると、現在準備中の量産体制が整えば19ヶ月以内に納車を開始できるそうで、車両価格については今年末に発表するとしており、続報が待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:BOLLINGER MOTORS)

【関連リンク】

BOLLINGER MOTORS
http://bollingermotors.com/

超無骨な電動オフロード4駆「ボリンジャー B1」はパフォーマンスも圧巻。0-100km加速は4.5秒!(http://clicccar.com/2017/08/10/500335/)

【関連記事】トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?トヨタとマツダが資本提携し、EVを共同開発へ「マジックカーペット」を搭載する、ロールスロイス SUV「カリナン」のホワイトボディを激写!