新型トヨタ・カムリ、月販目標台数の約4.8倍の好調なスタート セダン復権なるか注目

記事まとめ

  • 新型トヨタ・カムリが発売から1カ月で、受注台数が月販目標台数の約4.8倍と好調だ
  • 人気の理由は、スポーティかつ美しいスタイリング、優れた走行性能、充実した安全装備
  • 月販目標台数クリアは最低ラインでセダン復権を実現できるのか販売動向に注目だという

新型トヨタ・カムリが月販目標台数の約4.8倍の好調なスタート。人気の理由は?

新型トヨタカムリの発売から1カ月が経ちました。「フルTNGA」を採用し、パワートレーンには新開発の2.5Lダイナミックフォースエンジンにハイブリッドシステムの「THSU」を組み合わせて搭載。何よりデザインにこだわり、好みは人それぞれにしても先代よりも華があるのは十分に伝わってきます。

その新型カムリの受注台数が発表されました。7月10日の発売から1カ月にあたる8月9日時点で約11,500台と、好調なスタートを切っています。なお、月販目標台数は2,400台ですから発表前の予約受注を含むとはいえ、約4.8倍というのは上々といえそうです。

主な好調点は、「ワイド&ローフォルムによるスポーティかつ美しいスタイリング」、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づく新開発の2.5Lダイナミックフォースエンジンと新プラットフォームによる優れた走行性能」、「Toyota Safety Sense Pの全車標準装備や、インテリジェントクリアランスソナーの設定など充実した安全装備の採用」。

販売力のあるトヨタですから、2,400台の月販目標台数はモデルライフを通じてクリアするのは最低限のラインとして、セダン復権を実現できるのか今後の販売動向に注目です。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

新型トヨタ・カムリが月販目標台数の約4.8倍の好調なスタート。人気の理由は?(http://clicccar.com/2017/08/13/500951/)

【関連記事】次期アルファード/ヴェルファイアを示唆!? トヨタ新型ミニバンコンセプトが東モに登場か?トヨタ「プリウス」生誕20周年!先進のハイブリッド技術が誕生した経緯は?エコカーをリードしてきたトヨタ・プリウスが誕生20周年【オートモビル カウンシル 2017】