海外で人気のピックアップトラック、8代目「トヨタ・ハイラックス」が9月12日から国内販売!?

海外で人気のピックアップトラック、8代目「トヨタ・ハイラックス」が9月12日から国内販売!?

海外で人気のピックアップトラック、8代目「トヨタ・ハイラックス」が9月12日から国内販売!?の画像

1968年に初めて発売され、これまでに世界180以上の国・地域で累計1,600万台以上を販売するなど、50年近くに渡って多くの顧客から人気を得ているトヨタ自動車のピックアップトラック「ハイラックス」。

日本では2004年に6代目モデルを最後に販売を終了していますが、海外では2015年5月にタイ・バンコクで8代目が発表されており、昨年1年間に世界で約54万台を販売したそうです。

トヨタはこの8代目「ハイラックス」の開発にあたり、「道が人を鍛える。人がクルマをつくる」という考えのもと、開発チームが世界中の様々な道を実際に走り、森林地帯のぬかるみで荒れたオフロードや50度を超える暑さの砂漠地域、雨期になると冠水する生活道路など、様々な環境での使用状況を改めて確認。

https://www.youtube.com/watch?v=7yVRgOvfGXA

また、ユーザーからの「延々と荒れた道が続く大陸を低騒音で燃料切れを気にせずに移動したい」との要望に応えるべく、「低燃費がもたらす、ゆとりある航続距離」「過酷な道を安全に走るための疲れにくい乗り心地」「車内外とのコミュニケーションに影響しない静かな室内」をテーマに開発したそうです。

8代目は全長5.33m、全幅1.85m、全高1.82mと堂々としたサイズ感で、ディーゼルエンジンを搭載した4WD仕様となっています。

そうしたなか、マガジンX誌によると、トヨタがタイからの逆輸入により、13年ぶりに同車を国内で市販(9月12日〜)するようで、ダブルキャブ仕様(2列シート、5人乗り)に2.4L直4ディーゼルターボエンジン(150ps/40.8kgm)を搭載。「X」「Z」の2グレードがラインナップされ、上級モデルの「Z」グレードにはLEDヘッドランプを標準装備、ブラック基調のインテリアと相まってスポーティな雰囲気になっている模様。

また、他方では既にトヨタ店で8月上旬から予約販売受付中との情報もあり、車両価格は「X」が326.7万円、「Z」が374.2万円となるようです。

実現すれば、8代目トヨタ「ハイラックス」の国内導入はアウトドア派にとって、注目の1台となりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

トヨタ初のEV専用車は「全固体電池」採用で東京五輪デビュー?
https://clicccar.com/2017/08/03/498119/

トヨタカローラ生誕50周年記念「笑顔の花冠プロジェクト」が、8月7日にゴールへ!
https://clicccar.com/2017/08/01/497177/

トヨタ初の量産EVは「C-HR」ベース。2022年に本格EV投入か?
https://clicccar.com/2017/07/29/496525/

トヨタ「ハイラックス」が、安全装備充実で国内販売復活?
https://clicccar.com/2017/07/16/492080/

海外で人気のピックアップトラック、8代目「トヨタ・ハイラックス」が9月12日から国内販売!?(http://clicccar.com/2017/08/14/501223/)

【関連記事】セブンイレブンとトヨタがタッグ!低炭素社会の実現に向け、商品配送用の燃料電池トラック導入で合意新型トヨタ・カムリが月販目標台数の約4.8倍の好調なスタート。人気の理由は?次期アルファード/ヴェルファイアを示唆!? トヨタ新型ミニバンコンセプトが東モに登場か?