チーム発足20周年となるARTAが記念の勝利。ARTA BMW M6 GT3が完全勝利を見せた富士300km【SUPER GT 2017】

チーム発足20周年となるARTAが記念の勝利。ARTA BMW M6 GT3が完全勝利を見せた富士300km【SUPER GT 2017】

チーム発足20周年となるARTAが記念の勝利。ARTA BMW M6 GT3が完全勝利を見せた富士300km【SUPER GT 2017】の画像

8月5〜6日、富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第5戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 300km RACE」。

5日の予選でポールポジションを獲得したのはARTA BMW M6 GT3。続く2番手はStudie BMW M6と、BMW勢の速さが光りました。そして3番手にグッドスマイル 初音ミク AMG、4番手にLEON CVSTOS AMGというメルセデス勢。この予選の結果を見る限りタイヤのマッチングはブリヂストン、ヨコハマともに良好のようです。

スタートから好調だったのはARTA BMW M6 GT3。ジワジワとStudie BMW M6を引き離していきます。Studieの背後にはグッドスマイル 初音ミク AMGが1秒未満の距離でプレッシャーをかけてきます。

その初音ミクの後ろでは31号車のTOYOTA PRIUS apr GTとSUBARU BRZ R&D SPORTの激しい4位争い!

第1コーナーのTGRコーナーでBRZがインを攻めたかと思えば、コカコーラコーナーではPRIUSが刺し返すという緊迫したレース展開。PRIUSの久保凛太郎選手はGT2年目ながら先輩のBRZ山内英輝選手と素晴らしい勝負を繰り広げていきます。

その31号車PRIUS、ミニマムローテーションともいえる22周目でピットイン!なんとタイヤ無交換作戦を敢行し、一気にBRZを引き離そうとします。ピットストップタイムはなんと21秒!

Studieは23周目にピットインするも、タイヤは4本交換。その間に31号車PRIUSが先行してしまいます。31号車PRIUSのタイヤ無交換作戦はかなりの成果をもたらしていきます。

タイヤ無交換で3位を安定的にしたカタチとなった31号車PRIUS、問題はタイヤがゴールまで持つかどうか。しかし1分41秒台という比較的速いペースで周回を重ねていきます。

しかし、トップのARTA BMW M6 GT3は余裕のアドバンテージでタイヤ4本を交換し、その後も1分40秒台という周回で、この1台だけ次元が違うという印象を与えながら走り続けていきます。

好調なブリヂストン勢のARTA BMW M6 GT3と31号車PRIUSの活躍に目を奪われがちですが、2位を走る31号車PRIUSを初音ミク AMGは1分40秒台で追いかけます。タイヤ無交換でも41秒台を出すPRIUSはそうやすやすとは抜かれず、かなりの周回数を粘りますが、41周目に初音ミク AMGが2位に。そして4位を走るBRZは31号車PRIUSにあと2秒というところまで追いついてきました。

初音ミク AMGはこのままARTA BMW M6 GT3を追いかけようとしますが、ARTA BMW M6 GT3のウォーキンショー選手が46周目に1分40秒121というベストラップを出すなど、一気に引き離しにかかります。

ARTA BMW M6 GT3と初音ミク AMGの差は10秒ほど。しかしGT500クラスのARTA NSX-GTがオーバーオールトップでチェッカーをうけるタイミングでリザルトに差がつき、ARTA BMW M6 GT3がGT300で唯一62周を走りきることになりました。

ウィナーズパルクフェルメには2台のARTAが並ぶという光景。それも2台ともPole to Win!ARTAがチーム発足20周年となる今年に相応しいアベック優勝、Pole to Winとなりました。

またひとつ劇的な神話が生まれたSUPER GT。次戦は8月26〜27日の鈴鹿インターナショナル1000km。鈴鹿インターナショナル1000kmとしては最後のレースとなる記念大会的な次戦。過酷な1000kmではどんなドラマを見ることが出来るのでしょうか。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

チーム発足20周年となるARTAが記念の勝利。ARTA BMW M6 GT3が完全勝利を見せた富士300km【SUPER GT 2017】(http://clicccar.com/2017/08/16/501665/)

【関連記事】さすが耐久世界選手権。ピットワークがムチャクチャ早い!【鈴鹿8耐】SUGOには魔物が棲む…大荒れのGT300クラスは予想外過ぎる展開に!【SUPER GT 2017】ポールポジションはYAMAHA FACTORYが獲得!ところで「TOP10 TRIAL」ってなに?【鈴鹿8耐】