トヨタ・スープラのヒントはあるか!? 「BMWコンセプトZ4」がアメリカで公開

新型BMW Z4のデビューを示唆する「BMWコンセプトZ4」コンセプトが、アメリカ・カリフォルニアで開催されている「ペブルビーチ・ コンクール・デレガンス」にて披露されました。

次期BMW Z4といえば、噂されている新型トヨタ・スープラとの共同開発が気になるところ。トヨタとBMWは、2013年1月に「燃料電池システム(FCシステム)」、「スポーツカー」、「軽量化技術」の共同開発研究の3つを軸に、「ポストリチウムイオンバッテリー技術の共同研究」も含めて正式契約が交わされています。

共同開発の成果として、2016年9月には、トヨタのFCシステムを搭載した5シリーズ・グランツーリスモの試作車を日本のプレス向けに公開済み。

スポーツカーの共同開発を振り返ると、2013年1月に両社は、ミッドサイズのスポーツカーに搭載する共通のプラットフォームのコンセプトを決定するためのフィージビリティ・スタディ(採算性などの実行可能性)を開始することで合意。お客様によりご満足いただけるよう、両社の技術と知見を高いレベルで融合していく。同フィージビリティ・スタディは、本年中に完了する予定。その後、両社は、スポーツカーの共同開発に向けた将来の更なる協力について検討していくとしています。

さらに、トヨタの内山田副会長(現トヨタ会長)は、「スポーツカーの共同開発」について、クルマはやはり、エキサイティングでないといけません。ワクワク・ドキドキする走り、最先端を感じさせるデザイン、そして環境性能も最高レベルであって欲しいです。「これぞ21世紀のミッドサイズ・スポーツカーだ」と言えるクルマを目指し、共同で開発していくことにいたしました。とコメントしています。

トヨタとBMWの共同開発がどの程度進んでいて、どういったモデルになるのかはスクープ系記事にお任せするとして、「BMWコンセプトZ4」を見ていきましょう。

BMWは「Concept Z4」は、ダイナミックで進歩的なフォルムをまとい、軽快感を抱かせるデザインが特徴。あくまでコンパクトサイズでありながら、ロングホイールベース、コンパクトなリヤエンド、伸びやかなシルエットというZ4のアイデンティティは継承されているそうです。

BMWの新たなデザイン言語で設計されたという「Concept Z4」は、ダイナミックなフロントマスクからサイドまで、キレイにカットされたテールエンドまで、複数のラインと絶妙な線によって表現されています。

また、「シャーク・ノーズ」と表現されるフロントエンドも踏襲され、フロントフェンダーの後にある大型エアブリーザも印象的。

コンセプトカーのボディカラーであるオレンジは、エクステリアの立体感を強調して、明暗のコントラストを強調。さらに、スポーティな2色スポークデザインの20インチ軽合金ホイールは、ボディサイドに調和をもたらしながら存在感を主張しています。

かつての名車BMW Z8と関連性がもたらされたというフロントマスクは、キドニー・グリルの内側に「BMW 328 ミレッ・ミリア」のような1930年代のBMWロードスターのスポーティで機能的なキドニー・グリルを思い起こさせるメッシュを使ったデザインも特徴。

力強いホイールアーチが目を惹くリヤセクションは、スリムなL字型テールランプによりワイド感が強調され、リヤエプロンがダイナミックな印象を作り出しています。さらに、地を這うようなカーボンファイバーディフューザーがスポーティムードを高めています。外装色を多く採り入れたインテリアは、内・外装の関連性を視覚的に強調しながらも、あくまでコクピットは黒を基調としたスポーツカーらしさを感じさせる仕上がり。

インパネとセンターのマルチインフォメーションディスプレイは、最新の人間工学により設計されていて、 2つのディスプレイは、ほぼ同じ高さに配置され、1ひとつのユニットのように見せる工夫もされているとのこと。

提供されるコンテンツは、ルート案内、プレイリスト、その他のインフォテインメント機能で、タッチ操作で選択できます。ヘッドアップディスプレイも用意され、重要なドライビング情報が表示されます。シートは、クロムのアクセントと六角形のレーザーカットがモチーフとして使われていて、インパネやシート、カーボンファイバーのサイドステップ(ドアシル)にエンボス加工された非対称のロゴが配されています。

BMWの発表を見る限り、「BMWコンセプトZ4」には次期スープラのヒントは隠されていませんでした。デザイナーの写真に「BMW Concept Z4, Making of. 」として日本人と思われる若い方が映っていることくらでしょうか。

(塚田勝弘)

【関連記事】

東京モーターショーまで待てない!トヨタ スープラ次期型、完全予想CG
https://clicccar.com/2017/07/19/493189/

次期トヨタ「スープラ」は340psのBMW製エンジン搭載?
https://clicccar.com/2017/07/13/491371/

トヨタ・スープラ次期型、ニュルに再来!室内はZ4と酷似も気になるMT設定は…
https://clicccar.com/2017/06/16/482447/

トヨタ・スープラ次期型に超接近!細部まで明瞭にキャッチ
https://clicccar.com/2017/03/29/458330/

トヨタ・スープラのヒントはあるか!? 「BMWコンセプトZ4」がアメリカで公開(http://clicccar.com/2017/08/19/502357/)

【関連記事】トヨタ・ハリアーの「走り」の本命は2.0L直噴ターボ仕様!!トヨタがカーシェア事業用アプリを開発。ハワイ州で実証事業を開始トヨタ・ハリアーの人気は、2017年6月のマイナーチェンジでさらに上昇する!?