ニュル最速SUV奪還を目指す、ポルシェ カイエン・次期型をキャッチ。デザイン丸わかりも、細部に隠し球!?

ポルシェのベストセラー・クロスオーバーSUV「カイエン」次期型プロトタイプを、これまでで最も偽装が軽い状態でキャッチしました。

キープコンセプトデザインとなる次期型ですが、その基盤はアウディ「Q7」やベントレー「ベンテイガ」と共有する「MLB」プラットフォームとなり、約200kg程度の大幅な軽量化が図られ、ボディは刷新されます。

センターにカメラを備えるグリルはワイド化され、ルーフラインは後部がラウンドしています。ヘッドライトは中がダミーですが薄型でシャープになっており、テールライトも偽装されていますが「スポーツツーリスモ」から意匠を得たデザインが採用されると見られ、よりスポーティーな印象となると思われます。

パワートレインは、最高出力330ps・最大トルク448Nmを発揮する3リットルV型6気筒ツインターボ、最高出力440ps・最大トルク540Nmを発揮する2.9リットルV型6気筒ツインターボ、ハイエンドには最高出力550ps・最大トルク767Nmの4リットルV型8気筒ツインターボエンジンがラインナップされるはずです。追って「E-Hybird」、「GTS」「ターボS」などの高性能モデルの追加も確実視されています。

カイエンはこれまでニュルSUV最速王者でしたが、2016年アルファロメオ「ステルヴィオ」によってその座を奪われており、次期型では王座奪還が最重要項目となっています。

ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

ニュル最速SUV奪還を目指す、ポルシェ カイエン・次期型をキャッチ。デザイン丸わかりも、細部に隠し球!?(http://clicccar.com/2017/08/19/502387/)

【関連記事】650馬力が唸るのに「ニュル最速」SUVを狙わない!? ランボルギーニ・ウルスに秘められたワケとは?AMGより断然お得!? 500万円以下で手に入れる380馬力のホットハッチ「フォーカスRS」の予想CG公式発表前に完全体をキャッチ!370馬力の高性能モデル、ポルシェ「718ケイマンGTS」