シングルクラッチでもスムーズな走りが光る、スズキ・スイフトの「フル」ハイブリッドモデル

今夏、スイフトに加わったフルハイブリッド仕様。機構的にはソリオのフルハイブリッド仕様と同じで、マイルドハイブリッドとフルハイブリッドの2タイプを揃えた(ちょっとややこしい?)グレード体系も同様です。

スズキのフルハイブリッドシステムは、駆動用モーターの「MGU」と「AGS(オートギヤシフト)」と呼ばれるシングルクラッチのトランスミッションを組み合わせたパラレルハイブリッドで、状況に応じて駆動用モーターがアシスト。見どころのひとつが、シングルクラッチの課題である変速フィールをモーターアシストで改善するというものです。

今回のスイフト・フルハイブリッド仕様は、AGS(オートギヤシフト)に専用チューニングを施すことで、クラッチの切り離しの時間を短縮し、加速(変速)の「間」を小さくしたというのがポイント。

ソリオのフルハイブリッド仕様を思い出しながら走り出すと、シングルクラッチであるAGSのひと呼吸置いてから変速するフィーリングはかなり改善されている印象を受けます。しかもスイフトにはパドルシフトも備わりますので、マニュアル感覚の操作もやりやすくなっています。

トルコン付ATやデュアルクラッチと比べると変速マナーはさすがに一歩譲りますが、変速時に少しアクセルを戻してあげるなどの気遣いも必要ではあるとはいえ、シングルクラッチとしてはかなりスムーズ。

1.2LのNAエンジンにMGU(駆動用モーター)がアシストするスイフト・ハイブリッドの動力性能も期待以上で、ソリオ・ハイブリッドよりも軽い(最大50kg)こともあってかパワー感も若干上に感じます(もちろん、スイフト専用のAGSの効果もあるでしょうが)。

なお、ハイブリッドモデルに期待されるEV走行ですが、クリープ走行時や60km/h以下で可能。また、エンジン初期始動時はシステムチェックのためエンジンが必ず始動するのもソリオと同じです。

モーター走行の頻度は、ソリオとそれほど変わらない印象で、アクセルをゆっくり踏んでいっても結構すぐにエンジンの出番となります。それでもバッテリー残量があれば、早朝深夜の住宅街などを静かに走行できるなどの利点は享受できそうです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

シングルクラッチでもスムーズな走りが光る、スズキ・スイフトの「フル」ハイブリッドモデル(http://clicccar.com/2017/08/23/503382/)

【関連記事】トヨタ・ハリアーの「走り」の本命は2.0L直噴ターボ仕様!!トヨタ・ハリアーの人気は、2017年6月のマイナーチェンジでさらに上昇する!?電動化車両らしい安定感。MINI初のPHEV「MINIクーパー S E クロスオーバー ALL4」の走りをチェック