マツダ・アクセラがマイナーチェンジ。「360°ビュー・モニター」を初採用するなど、安全装備を強化

マツダ・アクセラがマイナーチェンジ。「360°ビュー・モニター」を初採用するなど、安全装備を強化

マツダ・アクセラがマイナーチェンジ。「360°ビュー・モニター」を初採用するなど、安全装備を強化の画像

5ドアハッチバックと4ドアセダンを擁するマツダ・アクセラがマイナーチェンジを受けました。8月24日に予約を開始、9月21日から発売されます。

以前お伝えしたように、マツダは2017年度中に国内主要5モデル(デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5)へ先進安全技術の「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準化するとアナウンスをしていましたが、今回発売されるアクセラによって、5車種すべてが出揃ったことになります。

今回の改良で安全装備が強化されたアクセラ。具体的には、車両だけでなく歩行者の検知も可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト(ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)またはアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)のどちらかを標準装備)」を全グレードに標準装備しています。

安全装備の強化によりアクセラは、CX-3、CX-5、アテンザと同様、経済産業省や国土交通省などが普及啓発している「安全運転サポート車」のうち最高ランクの「サポカーS・ワイド」に全車が該当。

ほかにも安全が盛り込まれています。ドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リヤ・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」も全グレードに標準装備されています。

さらに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できるマツダ初の「360°ビュー・モニター」を「15C」と「HYBRID-C」を除き、全グレードにメーカーオプション設定。

グレードラインナップも見直され、1.5Lクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」がセダンに新設定。「15XD」、「15XD PROACTIVE」、「15XD L Package」の3グレードを用意。

また、本革シートや運転席パワーシートなどが標準装備された「L Package」をディーゼル車とハイブリッド車に加えて1.5Lガソリンエンジン車にも追加し、「セダン 15S L Package」「スポーツ 15S L Package」の2モデルが設定されています。

ボディカラーも一部変更されています。従来の「ソウルレッドプレミアムメタリック」を改良。彩度を約2割、深みを約5割増すことで、さらに瑞々しく艶やかな透明感を実現しているそうで、マツダ自慢の「魂動デザイン」をより質感高く際立たせたとしています。

価格帯は、アクセラスポーツ(5ドアハッチバック)が1,825,200円〜3,310,200円。アクセラセダンが1,825,200円〜3,310,200円。アクセラハイブリッド(セダン)が2,505,600円〜2,879,000円です。

なお、特別塗装色の「ソウルレッドクリスタルメタリック」は64,800円高、「マシーングレープレミアムメタリック」を選択した場合は54,000円高、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」は32,400円高。いずれも税込です。

(塚田勝弘)

マツダ・アクセラがマイナーチェンジ。「360°ビュー・モニター」を初採用するなど、安全装備を強化(http://clicccar.com/2017/08/26/503892/)

【関連記事】内装デザインをアップデートし、よりモダンで洗練された新型BMW 1シリーズ【新車】マツダ・アクセラ、マイナーチェンジでソウルレッドが「クリスタル」に。SKYACTIVディーゼル搭載車、先進安全装備も拡大アグレッシブなフロントマスクと最新安全装備を手に入れたレクサスCT200hが登場