プラグインハイブリッドのベンツ・Eクラス。「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」を新設定

プラグインハイブリッドのベンツ・Eクラス。「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」を新設定

プラグインハイブリッドのベンツ・Eクラス。「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」を新設定の画像

2017年8月24日、メルセデス・ベンツのEクラスセダンにプラグインハイブリッドモデル「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」が追加されました。弟分のCクラスには「C 350 e AVANTGARDE」が用意されていますが、新型にスイッチしたEクラスには初設定となります。

メルセデス・ベンツEクラスは、世界で累計1,200万台以上の販売台数を誇る大黒柱であり、1947年に発表されたW136/191型以来、先進的な装備が与えられていきました。現行モデルもSクラスに先駆けて「自動車線変更」を含む最新技術が搭載されているのはご存じのとおり。

「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」のパワートレインは、最高出力211ps・最大トルク350Nmの2.0L直列4気筒直噴ターボに、最高出力88ps・最大トルク450Nmを発生し、ブースト機能も併せ持つモーターが組み合わされています。

システム全体では、286ps/最大トルク550Nmを誇り、ガソリンエンジンと高出力モーターを状況に応じて使い分けることで、ガソリンエンジン車とEVのハイブリッドの特徴を活かした、強力な動力性能が確保されたプラグインハイブリッド車ということになります。

モーター走行距離は最長20.1km、最高速度は130km/hに到達。JC08モード燃費は15.7km/Lとなっています。リチウムイオンバッテリーの充電時間はフル充電まで「CHARGE」モードで走行すると1時間以内、AC200V電源使用で約4時間以内だそう。

さらに、テレマティクスサービスの「Mercedes me connect」を組み合わせることで、利便性と快適性を高める専用装備を追加されています。

用意されるのは、3つの機能。「リモート車両確認」はスマホでバッテリーの充電状況や航続可能距離が確認可能。前もってスマホによりエアコンの操作が可能な「プレエアコンディショニング」も用意。「充電時間設定機能」もスマホですぐに充電を開始し、また出発時間に合わせて充電開始時間をセットできます。

なお、現在、PHVの「EQ POWER」の新車を購入した人に、充電用ウォールユニット(1基)および設置工事費(10万円)をサポートするキャンペーンも実施されています。「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」の価格は798万円です。

(塚田勝弘)

プラグインハイブリッドのベンツ・Eクラス。「E 350 e AVANTGARDE SPORTS」を新設定(http://clicccar.com/2017/08/25/504034/)

【関連記事】充電できる燃料電池車「プラグインFCV」をダイムラーがフランクフルトショー17で公開!「最強の証」が見えた!パナメリカーナグリルが露出したメルセデス AMG GT 4ドアをキャッチ。2018年発売へ電動化車両らしい安定感。MINI初のPHEV「MINIクーパー S E クロスオーバー ALL4」の走りをチェック