ツインリンクもてぎ20周年セレモニーでタイムトラベルレースを開催。そして重大発表も!

ツインリンクもてぎ20周年セレモニーでタイムトラベルレースを開催。そして重大発表も!

ツインリンクもてぎ20周年セレモニーでタイムトラベルレースを開催。そして重大発表も!の画像

1997年8月の開業以来、今年2017年の8月で20周年を迎えたツインリンクもてぎ。

8月19〜20日に行われた2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦と2017 MFJ全日本ロードレース選手権 第6戦(JSB1000クラス)という四輪と二輪のビッグレースを併催する「ツインリンクもてぎ2&4レース」は20周年記念大会と位置付けられ、20日のお昼に20周年記念セレモニーが行われました。

セレモニーのスタートを彩ったのは、レッドブルエアレースでもお馴染みの室屋義秀さんによるアクロバットフライト。

イエローの機体が、大空をキャンバスにスモークで描く軌跡は躍動感のある絵画のようで、2週間前に富士で見せたフライトとはまた違った魅力にあふれていました。

フライトで幕を開けた20周年記念セレモニー。日本初のオーバルコースとロードコースを併せ持つサーキットとしてオープンしたツインリンクもてぎはオーバルコースでは2011年までインディジャパン300を、そして1999年から現在にいたるまでオートバイの世界選手権モトGPの日本グランプリを開催しています。

ツインリンクもてぎを運営する株式会社モビリティランドの山下 晋社長はセレモニーでの挨拶で、このモトGP日本グランプリを2023年まで開催契約を締結した、と重大発表! 全日本ロードレース選手権を観戦に来たバイクファンは歓喜の声を上げます。

続く来賓代表の挨拶として福田富一栃木県知事が登壇。ツインリンクもてぎは栃木県民が世界に誇ることの出来る施設である、として絶賛。栃木を代表する名所、施設のひとつであるとして「栃木100様」にも選出されているとのことです。

来賓の挨拶が終わると、司会のピエール北川さんのカウントダウンにより多数の風船が放たれます。まるで花火のようです。そして始まるのが過去の名車を走らせるというタイムトラベルレースが開催。

まず四輪ではGTマシンの歴史的な3台が登場。2000年に全日本GT選手権でチャンピオンとなったホンダNSX、2008年にSUPER GTでチャンピオンとなった日産GT-R、2013年のチャンピオンであるレクサスSC430とその年を代表するチャンピオンマシンが並びます。

セレモニーでのイベントレースだからといって、ぬるい感じを想像してはいけませんスタートからしてかなり本気です。

年式が新しいだけあってか、最後尾スタートだったレクサスがいきなりトップに躍り出ます。

そして、あのカストロールNSXが走る雄姿を目の当たりにしたのは奇跡的としか言いようが無いほどの興奮です。

タイムトラベルレースはバイクも行う予定でしたが、突然降りだした雨のために中止となってしまいます。しかしピットレーンやグリッドではエンジン始動パフォーマンスを実施。2ストローク時代のGP500マシンのエンジン音は迫力が違います。

20周年を迎えたツインリンクもてぎ、これからも数多くのビッグイベントが開催され続けて行くことでしょう。

(写真・文:松永和浩)

ツインリンクもてぎ20周年セレモニーでタイムトラベルレースを開催。そして重大発表も!(http://clicccar.com/2017/08/27/504192/)

【関連記事】売り切れ続出!SUZUKA 1000km限定メニューやオリジナルグッズが大人気【SUPER GT SUZUKA 1000km 】ジェンソン・バトンが考えるスーパーGT鈴鹿1000kmでのオーバーテイクポイントは?【Jenson Button FAN Meeting〜SUZUKA1000km THE FINAL〜】世界初のFIA公認ドリフト大会「FIA Intercontinental Drifting CUP」のイメージガールが決定!