4WD化されてもFR走行モードを搭載した「BMW M5」がフォトデビュー

4WD化されてもFR走行モードを搭載した「BMW M5」がフォトデビュー

4WD化されてもFR走行モードを搭載した「BMW M5」がフォトデビューの画像

BMW M5がフルモデルチェンジした姿を正式発表しました。 M5として史上初の4WDとなったことが注目を集めていますが、最高出力441kW、最大トルク750Nmの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載しているのです。もはやFRではフルパワーを受け止めることができないということでしょうか。

いえ、そんなことはありません。

新型M5に採用された「M xDrive」と呼ばれる駆動系では、FR(リア駆動)も選ぶことができるのです。4WDでありながらFRモードを標準装備したところに、BMWのDNAが感じられるのではないでしょうか。なお、トランスミッションに8速Mステップトロニックを採用。0-100km/h加速3.4秒、0-200km/h加速11.1秒と発表されています。

タイヤサイズは、標準仕様がフロント275/40R19、リア 285/40R19。オプションの20インチを選ぶと、フロント275/35R20、リア285/35R20となります。大径ホイールの中に収まるブレーキキャリパーはフロントが6ポットとなっているのも、スーパースポーツサルーンらしい足元を演出しています。軽量カーボンルーフやカーボンセラミックブレーキのオプション設定もエンジンパフォーマンスに相応しいアイテムといえそうです。

本国での発表によると、予約受付は2017年9月から、納車は2018年春を予定しているということです。なお、欧州でのメーカー希望小売価格は11万7900ユーロ(1500万円以上!)ということです。

(山本晋也)

4WD化されてもFR走行モードを搭載した「BMW M5」がフォトデビュー(http://clicccar.com/2017/08/26/504458/)

【関連記事】内装を新たにしたBMW 1シリーズにスポーティ&充実装備の限定車2台を設定内装デザインをアップデートし、よりモダンで洗練された新型BMW 1シリーズ操る楽しさが味わえる!マニュアルミッションで乗りたい輸入車コンパクト5選・2017年版