BFグッドリッチがトラック・トレーラー用タイヤを日本に初投入。その理由とは?

BFグッドリッチがトラック・トレーラー用タイヤを日本に初投入。その理由とは?

BFグッドリッチがトラック・トレーラー用タイヤを日本に初投入。その理由とは?の画像

アメリカを代表するタイヤブランドであるBFGoodrich(BFグッドリッチ)。現在はフランスのミシュランタイヤの傘下にあります。日本での輸入元は日本ミシュランタイヤで、ミシュランタイヤはもちろん、BFグッドリッチの乗用車タイヤの輸入も手がけています。

その日本ミシュランタイヤから、BFグッドリッチのトラック、トレーラー用タイヤを日本に初導入することが発表されました。

ミシュランタイヤとBFグッドリッチのトラック・トレーラー用タイヤの開発・設計は別々に行なわれているそうで、日本に導入されている「ミシュラン X One」は、超ロングライフ性能が特徴で価格は高め。今回、日本に初導入されるBFグッドリッチ製はイニシャルコストを抑えられる価格帯になるとのこと(オープンプライスなので具体的な価格はインポーターとしては触れることができず)。

1870年創業のBFグッドリッチは、1896年にアメリカで初めて自動車用空気入りタイヤを販売して以来、1927年のチャールズ・リンドバーグによる「スピリット・オブ・セントルイス」の大西洋単独無着陸飛行、1981年のスペースシャトル「コロンビア号」のタイヤとしてもアメリカ中にその名を知らしめたそうです。得意とするオフロードタイヤだけでなく、オンロードタイヤでもモータースポーツシーンで輝かしい戦績を残してきたのもご存じのとおり。

今回発売されるのは、「BFGoodrich ROUTE CONTROL(BFグッドリッチ ルートコントロール)」、「BFGoodrich CROSS CONTROL(BFグッドリッチ クロスコントロール)シリーズ」。ローンチ時のパターンは、4パターンで、来年1月以降3〜4パターン増やしたいとしています。

2017年9月発売の「BFGoodrichROUTE CONTROL S (ルートコントロールS ) 11R22.5」は、高速道路や一般道路、都市近郊などの道路に適し、優れた耐偏摩耗性能が特徴。また、雨天でもV字に刻まれた溝(グルーブ)が高いウエットグリップ性能を発揮するそう。

同じく9月発売の「BFGoodrichCROSS CONTROL S (クロスコントロールS) 11R22.5」は、一般道路や、都市近郊、オン・オフロードに適し、路面から受けるトレッド部へのカットやチッピングなどの損傷を抑制するコンパウンドの採用やプロテクションプライにより、損傷に強く高い耐久性が売りで、オン/オフロード走行に対応。

そして、トレーラー用タイヤで2017年11月発売の「BFGoodrichROUTE CONTROL T (ルートコントロールT) 265/70R19.5」、「BFGoodrich ROUTE CONTROL T (ルートコントロールT) 385/65R22.5」は、耐カット/耐チッピングに優れたコンパウンドが採用されています。265/70R19.5サイズにはタイヤの石噛み防止グルーブを採用し、タイヤの劣化を抑制します。

ミシュラン製タイヤに加えてBFグッドリッチ製タイヤが日本に導入されるのは、近年の輸送需要の高まりや、2020年の東京オリンピックやリニア新幹線などの建設ラッシュにより業界全体に新たな需要が生じているため、こうしたニーズに応える一つの提案として、同ブランドのトラック用タイヤを新規ブランドとして日本に本格的に投入するとのことです。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、日本ミシュランタイヤ)

BFグッドリッチがトラック・トレーラー用タイヤを日本に初投入。その理由とは?(http://clicccar.com/2017/08/30/505644/)

【関連記事】【新車】SUBARU WRX STIの圧倒的な走りを支えるヨコハマタイヤ「ADVAN Sport V105」セブンイレブンとトヨタがタッグ!低炭素社会の実現に向け、商品配送用の燃料電池トラック導入で合意超無骨な電動オフロード4駆「ボリンジャー B1」はパフォーマンスも圧巻。0-100km加速は4.5秒!