独占インタビューがアツい! ジェンソン・バトンとキミ・ライコネンがレース人生を語る【F1速報×F1女子〜ベルギーGP号〜】

独占インタビューがアツい! ジェンソン・バトンとキミ・ライコネンがレース人生を語る【F1速報×F1女子〜ベルギーGP号〜】

独占インタビューがアツい! ジェンソン・バトンとキミ・ライコネンがレース人生を語る【F1速報×F1女子〜ベルギーGP号〜】の画像

8月31日(木)に「F1速報ベルギーGP号」が発売されました。

約1カ月のF1サマーブレイクが終わり(長かった……)、待ちに待ったシーズン後半戦第1号の見どころは、世界中から絶大な人気を誇るキミ・ライコネン、そして8月末に行われた「SUPER GT SUZUKA1000km」にスポット参戦をし注目を集めたジェンソン・バトンの独占インタビューです!

気になる2人の心境、そして将来はいかに!? 本誌から少しだけ紹介しちゃいます。

■キミ・ライコネン単独インタビュー

F1サマーブレイク中のビックニュースといっても過言ではない、ライコネンのフェラーリ残留。毎年この時期はドキドキしますが、来シーズンもライコネンの走りを見られることが決まり一安心でした。

しかし、残留といっても契約期間は1年のみ。実はこれで1年契約を結ぶのは3年連続になるのですが、この先行きが分からない状況についてライコネンはどのように思っているのでしょうか。
「フラストレーションはない。人生においても、物事というのは毎年変わるものだから、僕には(単年契約で)オーケーだ。気にならないね。もっと若かったら、長期契約を結んで安定を求めたのかもしれないが、今は1年契約が当事者全員にとってフェアなやり方だと思う。来年末にいきなりレースの情熱を失うかもしれない。ならば1年毎がいいだろ?チームが僕を走らせたくなくなったら、早めに終わらせることもできる。誰にとっても分かりやすいと思う」

そしてライコネンがフェラーリと契約をした数日後、フェラーリと3年契約を結んだことを発表したチームメイトのセバスチャン・ベッテルについても話しています。
「うまくやっていることに偽りはないし、変な駆け引きも一切ない。自分にとっても良いことだけど、チームにとっても良いことだろ?彼とコンビを組むのがベストだと思うけど、自分では意思決定には関わっていない。ただドライブするだけだ」
ライコネンといえば「なんとかなるさ」「レースをしてみないと分からないよ」など、言葉数が少なくインタビュアー泣かせなイメージですが、今回紹介したのはインタビューのほんの一部。本誌には新契約、チームでの立場、来シーズンへのモチベーションなど熱く語っている様子が記載されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

8月27日(日)に開催された「SUPER GT SUZUKA1000km」。TEAM MUGENからスポット参戦したバトンを応援しに、鈴鹿サーキットにはたくさんのファンが訪れました。

SUZUKA1000km参戦を記念して、バトン総力大特集! 独占インタビュー、SUZUKA1000kmレポート、F1キャリアの振り返りとファンにとってたまらない特集になっていますよ。

■バトンの決断

インタビューが行われたのはSUZUKA1000km開幕直前。6月と7月に行われたテストにも参加したバトンですが、同じ鈴鹿サーキットをF1とGT500で走ってみて違いはあったのでしょうか。
「ラップタイム的には15〜16秒違うのかな。大きな差だよね。ただ、GT500のS字からダンロップカーブにかけてのフィーリングは昨年のF1と比べても大きな違いはない。GT500の旋回性能はかなり優れていると思う。ダウンフォースもあるし、ドライブしていてすごく楽しい。タイヤのグリップレベルも高いよね。F1ほどのパワーはないけれど、なんというのかな、カートのような感じだろうか。ボトムスピードを高く保つことが肝要だ」

そして気になる来年の活動予定についても語っています。
「これまで同じこと(F1レギュラー生活)を17年という長きに渡ってしてきたわけだし、時には休息も必要であり、レースから離れて人生を楽しむ時間だって必要だ。来年はまた、何か面白いことをやるつもりだよ。レースも、それ以外のことも、僕は常に(その時々の)100%全力でやってきた。これからもそれは変わらない」
■紆余曲折の18シーズンのF1戦績を振り返る

2000年に20歳でウイリアムズからF1デビューを果たし、2016年までフル参戦で戦い続けたバトンの戦績を懐かしい写真と共に振り返るこちらのページは涙物。数ある歴史の中で、特に印象に残っている出来事をピックアップしてみました。

バトンの転機といえば、2008年シーズン終了後ではないでしょうか。所属していたホンダがF1から撤退を発表し、バトンは他チームへ移籍する選択も残されていたそうなのですが「船が沈みかけているからといって、仲間を残して自分たちだけ逃げるわけにはいかない」とマネージャーのゴダールは存続の可能性がなくなるまで、チームに残る決定を下しました。

そしてホンダの代表を務めていたロス・ブラウンが新オーナーとなってブラウンGPとして存続し、バトンは2009年に悲願のワールドチャンピオンを獲得。その時のことを、当時、チーフレースストラテジストを務めていたジェームス・バレス(現メルセデス)が以下のように語っています。
「あの年、ジェンソンは後半戦で1勝もしなかったために、彼がチャンピオンを獲得したことを疑問視する人もいたけど、チャンピオンはシーズンを通して1点でも多くポイントを獲得したドライバーに与えられるものだ。そのためにはどんな状況でもチームが立てた戦略を冷静にやり遂げ、さまざまなプレッシャーにも負けないで安定したドライビングを遂行する能力が必要となる。間違いなくジェンソンはそれを持ち合わせていた」

私的バトンのベストレースは雨が降りしきるなかスタートした2011年カナダGPです。途中、チームメイトのルイス・ハミルトンと接触し21番手まで順位を落とすも、その後出された赤旗を味方につけて着実にポジションアップ。レース終盤に路面が乾き出し、ドライタイヤへの的確なタイミングの交換は見事でした。そして最終ラップでトップを走るベッテルをオーバーテイクし、見事トップでチェッカーを受けたシーンは今でも脳裏にやきついています。

2011年のカナダGPについて、当時チーム代表を務めていたマーティン・ウィットマーシュは
「F1史上、最もエキサイティングなレースとして記憶されるだろう」
とバトンの走りを絶賛していたのだそうです。

この他にもベルギーGP詳報はもちろん、「チーム関係者が語るレッドブル不調の理由」、「フォーミュラE台頭からF1の未来を考える」など、興味深いコンテンツが盛りだくさん!

「F1速報ベルギーGP号」は書店、三栄書房オンライン通販で好評発売中です。

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan/

独占インタビューがアツい! ジェンソン・バトンとキミ・ライコネンがレース人生を語る【F1速報×F1女子〜ベルギーGP号〜】(http://clicccar.com/2017/09/03/506117/)

【関連記事】ルイス・ハミルトン優勝! 21年前にスパ・フランコルシャンでお父さんと約束した夢とは?【2017年F1第12戦ベルギーGP】F1スクール開講!? 夏休み特別付録「Fゼミ夏期集中講座HAND BOOK」でF1博士を目指そう!!【F1速報×F1女子〜ハンガリーGP号〜】ベッテル優勝で新しいダンスを披露!アロンソが送ったスペシャルメッセージとは?【2017年F1第11戦ハンガリーGP】