トヨタが共同開発の「仲間づくり」を一般企業に拡大、新サービス創出へ!

トヨタが共同開発の「仲間づくり」を一般企業に拡大、新サービス創出へ!

トヨタが共同開発の「仲間づくり」を一般企業に拡大、新サービス創出へ!の画像

トヨタ自動車(以下トヨタ)が昨年12月にスタートさせたオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」。

同社では、将来の様々な社会ニーズの変化に対して幅広く機敏に対応するために、革新的なテクノロジーやサービスを持つ企業、ベンチャー・研究機関とトヨタのアセット(経営資源)を組み合わせることで、未来のモビリティ社会を創造する取り組みをスタートさせています。
<募集内容>
・もっと快適で楽しい移動を提供するクルマの利用促進サービス
・全ての人の移動の不安を払拭する安全・安心サービス
・オーナーのロイヤルティを高める愛車化サービス
・トヨタの保有するデータを活用したONE to ONEサービス
・全国のトヨタ販売店を通じて提供するディーラーサービス
上記をベースに共同開発テーマを募集したところ、500を超えるアイデアの応募が有ったそうで、トヨタは8月31日、その中から5つの事業会社を選定したと発表しました。

選定されたのは「CAULIS(カウリス)」、「Giftee(ギフティ」、「シェアノリ」、「Nightley(ナイトレイ)」、「ATEAM(エイチーム)」の5社で、選定にあたっては、以下の5つの観点を重視したそうです。
・社会や人の課題を解決するアイデア
・実現する技術力、開発力、サービス力
・アイデアを実行する情熱
・両社のもつアセットの活用
・両社にとっての事業性
トヨタは、今回発表した選定企業と具体的なサービス内容やサービス開始時期、資本・業務提携等の詳細に関して今後協議を進めるそうです。

同社はこれまでのダイハツ、日野に加え、共同開発先としてスバルやマツダ、スズキ、海外ではBMWとも提携するなど、今後の環境規制強化などに対応、共存共栄を前提とした「仲間づくり」を加速させており、今回自動車関連企業以外からも仲間を募ることで、これまでに無い魅力的な商品や新サービスの創出に繋げる考えのようで、その成果が期待されます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

BMWが「Z4」コンセプトモデルを公開。次期「トヨタ・スープラ」にも期待!
https://clicccar.com/2017/08/22/503114/

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

新型「ワゴンR」に見る、スズキとトヨタとの協業の痕跡とは?
https://clicccar.com/2017/03/01/450011/

スズキがトヨタの「仲間づくり」への参入を表明した理由とは?
https://clicccar.com/2017/02/08/443489/

トヨタが「新ハイブリッドシステム」をマツダ、スバル、スズキに外販か?
https://clicccar.com/2017/01/03/432152/

【関連リンク】

TOYOTA NEXT
https://toyotanext.jp/

トヨタが共同開発の「仲間づくり」を一般企業に拡大、新サービス創出へ!(http://clicccar.com/2017/09/03/506315/)

【関連記事】クラウンの特別仕様車に盛り込まれたブラックレイヤーウッドステアリング(本杢目)とは?新型カムリで追い込みなるか? トヨタが1〜7月の生産・販売状況を発表EVとHVの二刀流! 新型プリウスPHVは様々な技術の積み重ねでEV性能を増強