新型スバルXVに宿る、スバル開発陣の自信と良心とは!?

新型スバルXVに宿る、スバル開発陣の自信と良心とは!?

新型スバルXVに宿る、スバル開発陣の自信と良心とは!?の画像

このところスバルのグローバル販売は絶好調で、中でもアウトバック、フォレスターそしてXVのSUVシリーズが大人気。何しろこの3車種だけで、スバルのグローバル販売の約8割を占めるほどの活況となっています。

またXVは、もともとインプレッサから派生した都市型SUVですが、グローバルではインプレッサを越えてシリーズの約6割を販売。新型スバルXV・開発責任者の井上PGM(プロジェクトゼネラルマネージャー)も「新型XVが”本丸”のつもりで開発した。」と力強くコメントしています。

また他社の都市型SUVは、ベース車の車高を上げただけのお洒落SUVが多い傾向にあります。同じ都市型SUVでも、XVのユーザーはアウトドア等で相当な悪路にも乗り入れて使っており、スバルならではのタフな走破性能を高く評価しているとのこと。

そこで新型XVでは、新世代プラットフォーム「SGP」で走行性能をアップしたインプレッサ4WDをベースにして、街中での走りに磨きをかけるとともに、フォレスターで実績のある本格4WD制御システム「Xモード」を主要グレードに搭載して、更なる走行安全性と悪路走破性を実現しました。

また新型XVでは、営業サイドから「多くの人にXVを試して貰えるように、リーズナブルな1.6L仕様を出すべき!」という提案がありましたが、開発陣は1.6Lエンジンの搭載にはパワー面で懸念を抱いていました。

そこで実際に1.6Lの試作車を走らせて、軽量なSGPと新開発1.6Lエンジンが必要十分な性能をもたらすを検証したとのこと。こうしてラインアップに加わった1.6Lのベースグレードは、4WDに加えてアイサイトと歩行者保護エアバックまで搭載して、消費税抜きで200万円未満を実現。井上PGMも「つくり手から見ると、これは安すぎますよ」とコメントするほどです。

スバルは、SGPを軸にしてパワーユニットや足回りだけでなく、アイサイトや歩行者保護エアバッグ等の付加機器も徹底共有することで、”高性能”と”多品種”と”低価格”を高次元で実現する戦略を推進しています。新型XVにも、スバルの自信と良心がギッシリ詰まっていると実感した次第です。

【関連リンク】

第551弾スバルXVのすべて(より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://3a.as-books.jp/books/info.php?no=NMS20170426

新型スバルXVに宿る、スバル開発陣の自信と良心とは!?(http://clicccar.com/2017/09/09/507087/)

【関連記事】「EV開発」を加速! スバルが2020年をめどにディーゼルエンジン車から撤退新型スバルXVは4WDにアイサイト&歩行者保護エアバック装備の充実仕様。それでいて値段も「お見事」!?【新車】スバルのフラッグシップ「レガシィ」が新色と新意匠に進化