モデル転換期となる3代目が峠を走った! FF化されるBMW・1シリーズ次期型の軽快な走りをキャッチ

モデル転換期となる3代目が峠を走った! FF化されるBMW・1シリーズ次期型の軽快な走りをキャッチ

モデル転換期となる3代目が峠を走った! FF化されるBMW・1シリーズ次期型の軽快な走りをキャッチの画像

BMWのCセグメントハッチバック『1シリーズ』次期型プロトタイプが、ワインディング・ロードをテスト走行する姿を捉えました。

「1シリーズ」は2004年に初代がデビュー。2011年に2代目へバトンタッチされ早3代目となりますが、初の大きな転換期を迎えようとしています。駆動方式がBMW伝統のFRからFFへ変更されるためです。

ニュルでのテストではないので、高速での状態は不明ですが、ワインディング・ロードでの走りはコーナーでもキビキビとしたハンドリングを見せ、FFならではの、安定感やエクステリアの大きさから居住空間の充実も感じられます。

パワートレインは、「X1」から流用される1.5リットル直列3気筒ガソリン、ディーゼル、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンの他、PHVもラインナップされるはずです。

https://www.youtube.com/watch?v=7b_v9KCT6hU

ゴルフに比べると歴史は浅いですが、その差を一気に縮めるモデルとなる可能性もあります。ワールドプレミアは、2018年9月が有力です。

(APOLLO)

モデル転換期となる3代目が峠を走った! FF化されるBMW・1シリーズ次期型の軽快な走りをキャッチ(http://clicccar.com/2017/09/14/507377/)

【関連記事】打倒タイプR!韓国最強のホットハッチ「ヒュンダイ・ヴェロスターN」がニュルで見せた本気の高速テストメルセデスAMG GT4レーサーに620馬力の最強ストリートモデル発売へ!こんなに変わった!スズキ・ジムニー次期型、現行モデルを従え公道テスト