【新車】スバルのフラッグシップ「レガシィ」が新色と新意匠に進化

【新車】スバルのフラッグシップ「レガシィ」が新色と新意匠に進化

【新車】スバルのフラッグシップ「レガシィ」が新色と新意匠に進化の画像

スバルのフラッグシップ「レガシィB4/アウトバック」が2017年10月5日より発売開始となる大幅改良モデルの詳細を発表しました。大きな変更点はエクステリアのリフレッシュと、アイサイトを中心とする先進安全装備のグレードアップです。

エクステリアでは、「アウトバック」と「B4」のそれぞれの個性を際立たせるスタイルとなっているのが変更点。

さらにボディカラーには、新色の「ワイルドネスグリーン・メタリック(アウトバックのみ)」と「クリムゾンレッド・パール」を採用しています。インテリアでも、インストルメントパネルにダブルステッチを施すなど上質感を増しています。そのほか、小径化した新デザインのステアリングホイール、後席USB電源の追加やオートドアロック機能の採用等バージョンアップしています。

スバルのコア・テクノロジーといえる予防安全技術「アイサイト」も進化しています。緻密な制御で知られるACC(全車速追従機能付クルーズコントロール)が対応する車速域を0km/h〜約120km/hへと拡大します。また、後退時自動ブレーキシステムも新設定しています。このあたりは、大幅改良でアイサイトにツーリングアシスト機能(アクティブレーンキープ)をプラスしたレヴォーグ/WRX S4と同様ですが、レガシィには肝心のアイサイトツーリングアシストは備わりません。

そのかわりに、アイサイトセイフティプラスとしてフロント&サイドビューモニターとアダプティブドライビングビームを設定。ステアリング連動ヘッドランプも備えています。レヴォーグ系はオートハイビームにとどまるので、ハイビーム時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームの採用がフラッグシップらしい違いといえます。

LEDハイ&ロービームランプ、フロントグリル、フロントバンパー、LEDフロントフォグランプ、フロントフォグカバー、17インチアルミホイール、18インチアルミホイール、リヤバンパー、LEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーといったボディ本体以外の大部分を新デザインとした新しいレガシィ。

ディーラー装着オプションのナビゲーションも8インチに画面サイズを大きくしています。走行性能についても、フロント&リヤサスペンション改良、電動パワーステアリング改良、ブレーキブースター特性変更、エンジンの部品軽量化、フリクション低減、 エンジン制御の最適化、リニアトロニックチェーンのショートピッチ化、リニアトロニックの再キックダウン制御採用、リニアトロニックのマニュアルモード時7段変速を採用などなど、全身でブラッシュアップを受けた商品改良といえます。

メーカー希望小売価格は、レガシィB4が3,024,000円〜3,240,000円。レガシィ アウトバックが3,294,000 円〜3,564,000円。いずれも2.5リッターエンジンのAWDの設定なのは、商品改良前と同様です。

(山本晋也)

【新車】スバルのフラッグシップ「レガシィ」が新色と新意匠に進化(http://clicccar.com/2017/09/05/507547/)

【関連記事】【試乗レヴォーグ/WRX S4】スバルの最新アイサイト・ツーリングアシストを公道で体感、静かさに感激【新車】トヨタ・86が一部改良。新グレードや限定色の追加や、走りに磨きをかける変更を実施【新車】レガシィ・アウトバック/B4が「アイサイト」を進化させるなど安全性を大幅に向上させるマイナーチェンジを実施