【新車】新型日産・リーフがワールドプレミア!航続距離は400kmで価格は3,150,360円〜

2017年9月6日、新型「日産リーフ」がワールドプレミアされました。まさに「見どころ満載」に仕上がっています。

バッテリー(ピュア)EVで最も気になる航続可能距離は400km(JC08モード燃費)となっています。なお、充電時間は、普通充電が16時間(3kW)/8時間(6kW)、急速充電(80%まで)が40分。

初代リーフの航続可能距離は2010年12月の登場時は200km(バッテリー容量は24kWh)でしたが、マイナーチェンジで距離を延ばし、2012年11月に228km(24kWh)、2015年11月には280km(30kWh)版も登場。新型リーフは初代登場時から倍増したことになります。

バッテリー容量を先代の24kWhもしくは30kWhから40kWhに大容量化。なお、リチウムイオン電池は、先代と同じ体積でありながら初代登場時から倍近い容量に拡大され、エネルギー密度も高くなっているそう。

初代リーフは度重なる値下げを敢行し、バッテリーEVを普及させる難しさを感じさせましたが、価格も販売台数を左右する大きな要素でしょう。

あまり高いのでは「ノートe-POWERで十分じゃない?」となりかねません。もちろん、ノートe-POWERが売れるのも悪いことではもちろんないでしょうが、新型リーフはとにかく売りたいはず。気になる新型リーフの価格は「S」が3,150,360円、「X」が3,513,240万円、「G」が3,990,600円です。

なお、先代の主要3グレートの価格は「S(24kWh)」が2,803,680円、「S(30kWh)」が3,197,880円、「X(24kWh)」が3,254,040円、「X(30kWh)」が3,648,240円、「G(24kWh)」が3,624,480円、「G(30kWh)」が4,018,680円。

新型リーフは40kWhのみですので、性能や機能などが大幅にアップしているにも関わらず、単純に価格だけを比較すると(主要装備の有無などは現時点では不明ですが)先代の30kWhと比べても47,520円〜135,000円も引き下げられています。

なお、サイズ的にはクラス下のBセグメントであるノートe-POWERは、1,901,880円〜2,734,560円(ニスモ仕様、モード・プレミア含む)。

これなら新型リーフの魅力である先進的なデザインや高い質感、「未体験の力強い加速」などの走りや最新安全装備、もちろんピュアEVとしてのステイタスなども考えて十二分に「買い」といえそうですし、日産の期待を超えるヒット作になりそうです。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】新型日産・リーフがワールドプレミア!航続距離は400kmで価格は3,150,360円〜
https://clicccar.com/2017/09/06/507682/

【新車】「未体験のすばやく力強い加速」を謳う新型日産リーフは鋭い加速も魅力!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507700/

【新車】新型リーフの「e-Pedal」は、ノートe-POWERの「ワンペダル」とどう違う?
https://clicccar.com/2017/09/06/507771/

【新車】新型リーフの「プロパイロット」「プロパイロット パーキング」も買いのポイントに!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507785/

【新車】新型リーフのサイズ、内・外装デザインはどう変わった?
https://clicccar.com/2017/09/06/507812/

【新車】新型日産リーフにはハイパワー仕様の隠し球もある!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507834/

【新車】「EVから普通のクルマ」になっているか? 新型リーフの車内の広さ、荷室の使い勝手をチェック!
https://clicccar.com/2017/09/07/508301/

【新車】新型日産・リーフがワールドプレミア!航続距離は400kmで価格は3,150,360円〜(http://clicccar.com/2017/09/06/507682/)

【関連記事】【新車】新型日産リーフにはハイパワー仕様の隠し球もある!?【新車】新型リーフのサイズ、内・外装デザインはどう変わった?【新車】新型リーフの「プロパイロット」「プロパイロット パーキング」も買いのポイントに!?