日本でも販売していないディーゼルハイブリッドを投入したスズキ【インドネシアモーターショー2017】

日本でも販売していないディーゼルハイブリッドを投入したスズキ【インドネシアモーターショー2017】

日本でも販売していないディーゼルハイブリッドを投入したスズキ【インドネシアモーターショー2017】の画像

スズキは今回のインドネシアモーターショーで、インド製の乗用車バレーノを発表した。すでに日本でも販売されているモデルだ。

日本では1.2Lの自然吸気エンジンと1.0Lの直噴ターボ仕様エンジンの2機種を搭載しているが、インドネシアではターボ仕様の設定はなく、自然吸気エンジンのみの設定となっていた。ターボ車はどうしても価格が高くなってしまうため、インドネシアでは敬遠されるようだ。

バレーノ以上に注目されるのがエルティガだった。エルティガはスズキがアセアンを中心に販売している3列シートのクロスオーバーMPVだが、そのディーゼルハイブリッドモデルが展示されていたからだ。デコレーションプレートに“ディーゼルハイブリッド”の文字を見たときには思わず目が点になりそうだった。

ディーゼルもハイブリッドも環境性能が評価されているが、いずれも価格アップの要因になるため、ハイブリッド王国といわれる日本でもディーゼルハイブリッドを設定するメーカーはない。ダイムラーだけが一時Sクラスに設定していた時期があるだけだ。

ただエルティガのディーゼルハイブリッドを良く良くみたら、本格的なハイブリッドではなく、いわゆるマイルドハイブリッドだった。スズキがSエネチャージと呼ぶISGを使った簡易型のハイブリッドである。トヨタのハイブリッドのようなストロングハイブリッドでもなければ、スズキが日本でスイフトやソリオなどに設定しているフルハイブリッドでもない。

それでもディーゼルエンジンにハイブリッドを組み合わせれば燃費性能の面で有利になるのは間違いなく、またマイルドハイブリッドであれば価格アップも抑えられるため、インドネシアでも十分に商品として成立するのだろう。

スズキはほかにイグニスのカスタマイズモデルを出展し、ユーザーの反応を調査していた。

(村木哲郎)

【関連記事】

久々の新型車は新興市場専用のクロスオーバーMPV「三菱エクスパンダー」【インドネシアモーターショー2017】
https://clicccar.com/2017/08/29/505363/

世界初公開のコンセプトカー2モデルを意欲的に出展するダイハツ【インドネシアモーターショー2017】
https://clicccar.com/2017/08/29/505532/

日本でも販売していないディーゼルハイブリッドを投入したスズキ【インドネシアモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/09/06/508012/)

【関連記事】4列シートで10人乗りのハイエース・ラグジュアリーに注目のトヨタ【インドネシアモーターショー2017】スズキが約62年かけて国内自動車販売2500万台を達成!販売の主軸となったモデルを振り返るベイビーGクラス!? スズキ ジムニー次期型、20年振りのフルモデルチェンジへ!