これがアウディ新世代ヘッドライトデザイン!? アウディ・Q3次期型に大接近

アウディのコンパクトクロスオーバーSUV『Q3』次期型プロトタイプを、至近距離から撮影しました。

ハロゲンヘッドライトや、小さいホイールサイズからエントリーモデルの開発車両と思われますが、注目したいのはヘッドライトのアウトラインです。

内側は『A4』や『A8』新型のようなシャープなデザインですが、外側に向かって段差があり広げられています。偽装の可能性もありますが、採用されればこれまでのアウディにはない斬新なタイプとなります。

また8角ワイドグリルや新デザインのエアダクトなど、フロントエンドは全面的に刷新されていることが確認できます。

プラットフォームには、フォルクスワーゲングループの「ユキビタスMQB」を採用、弟分『Q2』と差別化を図るため、ホイールベースを50mmも延長、全長で60mm、全幅も50mm拡大され大型化されるほか、トランクルームは420リットルへ実用性が向上するといいます。

室内は「バーチャルコックピット」が採用され、より滑らかで人間工学的デザインが採用されると予想されています。

パワートレインは、1.4リットル直列4気筒TFSIエンジン、及び2リットル直列4気筒TFSIエンジン、1.4リットルTFSIエンジンとモーターを組み合わせたPHV「e-tron」のほか、EVモデルの投入も期待出来そうです。

ワールドプレミアは、2018年秋と思われるが、PHVやEVモデルは2019年になると思われます。

(APOLLO)

これがアウディ新世代ヘッドライトデザイン!? アウディ・Q3次期型に大接近(http://clicccar.com/2017/09/10/508433/)

【関連記事】メルセデス・ベンツ 最小サルーン「Aクラス セダン」市販化決定!開発車輌をキャッチメッシュグリル&新テールライトでスポーティに。スズキ・エスクード改良型、もうすぐ公開!ファストバックだった!メルセデスAMG GT 4ドアの後部デザインが完全露出