トヨタ・アクアが2015年11月以来のトップに!2017年8月の登録車セールスランキング

トヨタ・アクアが2015年11月以来のトップに!2017年8月の登録車セールスランキング

トヨタ・アクアが2015年11月以来のトップに!2017年8月の登録車セールスランキングの画像

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)より2017年8月の登録車(軽自動車と海外ブランドを除く)の車名別の販売ランキングが発表されました。トップに立ったのはトヨタ・アクア、2015年11月以来となるトップ奪還です。

●2017年8月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ アクア 10,870台(前月3位)
2位 トヨタ プリウス 10,417台(同2位)
3位 日産 ノート 9,685台(同1位)
4位 ホンダ フィット 7,705台(同4位)
5位 トヨタ ヴォクシー 6,611台(同6位)
6位 ホンダ フリード 6,557台(同8位)
7位 トヨタ シエンタ 5,681台(同9位)
8位 トヨタ ルーミー 5,416台(同13位)
9位 トヨタ ヴィッツ 5,380台(同10位)
10位 日産 セレナ 5,244台(同12位)

日産ノートがマイナーチェンジ直前(9月1日に発表)だったというタイミングもあってか、トヨタ最小のハイブリッドカー「アクア」が久しぶりのトップ。また6月にマイナーチェンジを実施したフィットは、トップ3に次ぐポジションを確保、虎視眈々と上位を狙っています。

8月にはトップとなったアクアは6月のマイナーチェンジで衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備を充実させたことも人気を復活させた理由といえそうですが、同じBセグメントのライバルとなるフィットやノートに設定されている追従クルーズコントロールがアクアには未設定。市場マインドが、燃費から安全や自動運転技術にシフトしている中、アクアがトップの座を守るのか、それとも先進安全を充実させたノートやフィットが伸びてくるのか、興味津々といえそうです。

また、7月には5位だったトヨタC-HRがトップ10圏外となったことで、クロスオーバーSUVがトップ10から消えてしまいましたが、クロスオーバー全体の支持についても今後の動きには要注目です。

(山本晋也)

【関連記事】

日産ノートが3か月ぶりにトップを奪還!Bセグメントの激戦続く、2017年7月の登録車セールスランキング
https://clicccar.com/2017/08/05/498766/

e-POWERが人気を牽引する日産・ノートが一部改良で安全装備をさらに充実。SUV風の「クロスギア」も発売へ
https://clicccar.com/2017/09/04/506747/

トヨタ・アクアに「クロスオーバー」を設定。JC08モード燃費も38.0km/Lに進化
https://clicccar.com/2017/06/20/484210/

ホンダ・フィットがマイナーチェンジ! 装備と技術面の見所は?
https://clicccar.com/2017/06/29/487305/

新型フィットをクロスオーバーにする純正ボディキットは13万8240円!
https://clicccar.com/2017/08/06/498941/

トヨタ・アクアが2015年11月以来のトップに!2017年8月の登録車セールスランキング(http://clicccar.com/2017/09/08/508607/)

【関連記事】7月度 登録車販売台数の首位は「日産ノート」。軽自動車を含めた総合順位は?日産が躍進するもダブルタイトルならず。トップ10の顔ぶれは変わらなかった2017年7月の軽自動車セールスランキング日産ノートが3か月ぶりにトップを奪還!Bセグメントの激戦続く、2017年7月の登録車セールスランキング